谷川岳    1977m

 

2017.7.16

 

天候  曇り  下山で一時雨


メンバー  K,ヘッポコ

今年は色々と激動の年、お山は全く行けてなくて弥彦山・雲竜渓谷と今回が3度目となりました。
今年の海の日は、Kさんと2度雨で中止していて3度目の正直となる谷川岳に決定。やっと天気に・・・少しだけ恵まれました。

コースは無難にロープウェーを使っての天神平コース。
雪渓も肩の小屋手前に有るのみで、他はすべて夏道でした。
足が全く出来ていないので、先を行くKさんにペースダウンをお願いする事多々。
休憩も多々。トマの耳まで3時間、そして山頂のオキの耳へ、その先の奥の院へと足を伸ばし、登山者の少ない奥の院の岩場でお昼としました。
Kさんの差し入れと、いつもの焼き肉、新発売のビールと思って買ってきたリキュール(
アルコール9%と7%)を頂きました。
たった1本で、歩けないほど酔っ払ってしまいました。

1時間ほど休んで下山開始。下山でも岩場の下りでは渋滞、何度もストップする状態です。
熊穴沢小屋手前から雨が降って来て、少し濡れましたが僕らは雨具を着ずに進みます。
気がせっていたのか、濡れた木道階段の最後の段で右足を滑らせ、滑らせた足を階段の縦板に引っ掛けて足首を捻ってしまいました。
後から来る登山者の方には「大丈夫ですか」と声を掛けていただき、一人の方が冷却スプレーを出してくれて、お借りして患部を冷やしました。
2kmほどをダブルストックでロープウェーまで何とか歩きました。
下山2時間40分

お宿ではバーベキューをしながら千葉の若い整骨院の先生たちと話が弾み、和やかな夜更けを。
翌日の尾瀬散策は足の具合が良く無くて、大清水小屋で食事をしたのみ。
あとはドライブを楽しんで帰路に着きました。

KさんはBQでブヨに何箇所も刺され、僕は僕で足首の捻挫で下山後も後遺症の残る山旅となりました。

Kさん、これに懲りずまた            ヨ     ロ    シ    ク         (ー_ー)!!





天神平から望む谷川岳





登山者の行列。山頂直下の雪渓で登山道に掛かるのは50メートルほどです。










肩の小屋で。サービス精神旺盛なおじさんに撮ってもらいました。





トマの耳手前から肩の小屋を見下ろして。





トマの耳に到着。撮影は順番待ちです。





オキの耳から望むトマの耳。





オキの耳が山頂になります。





奥の院。ここの岩場でお昼としました。





このお酒9%。ちっと濃かった・・・

 
 

感想はこちらQ&A


ヘッポコ登山記録