雲竜渓谷

栃木県日光市

2017.2.11

晴れ

メンバー  n、ヘッポコ

前日の新年会をノンアルで通して今日の長旅に備えました。
集合は、安田インターに午前5時30分。
冬型の天気図となり、鳥取県を中心に西日本の日本海側では観測史上最高の降雪となっていて、新潟県内も雪模様。
磐越道を走り福島県に出て、東北自動車道となり中通りに入る頃には青空が広がりました。

日光に到着。東照宮の隣の道を進むと、細い林道となり時折路面が凍ってタイヤがスリップします。
判断の早い人達の路駐が多くなりました。僕らは程々に進んだあたりの横道に車を停めました。アクセス3時間40分。
結果的にもっと先まで行っても十分車を停めるスペースはありました。

スタートは9時30分
登山ポスト10時18分
稲荷川展望台11時7分
渡渉が数か所あり、長靴隊の僕らはジャブジャブと冷たい水も苦にしません。
途中の急斜面で、登り下り一方通行のため少しばかり渋滞しました。
ここで6本爪アイゼンを装着。
相方の長靴は、女性用のためサイズが小さい上にゴムも柔らかく、簡易アイゼンの装着に苦労しました。
僕のアドバイスで長靴を選んだんだけど、結果的にはむしろ登山靴より足に負担を掛けてしまったようです。

周りの登山者たちの装備は、氷瀑登攀組はヘルメット・12本爪アイゼン。
本瀑までの人達は簡易アイゼンと言う感じでした。

雲竜渓谷12時30分

渓谷内に下りると、すぐに圧巻の氷瀑が現れました。
岩肌を覆う青白く透き通った巨大な氷壁。
谷の中だけ異常に気温が低く感じられました。
体感としていはマイナス10度程度でしょうか。手袋を外すと、すぐにかじかんできて指が利かなくなります。
本瀑の手前まで来ると、ここから先はアイスクライミングの世界。前爪の無い簡易アイゼンでは登れません。
ロープはセットしてありましたがステップは切られてないので、前爪を氷に突き刺し一歩一歩登ります。素人には危険な領域です。

少し下って風の当たらない岩陰でお昼としました。気温が低すぎて、食事をするのにも体勢の維持と手先の動きに不自由を感じます。
急いでお腹の中におにぎりとカップヌードルの食事をかきこんで、長居は無用です。

下山を開始して渓谷の中盤辺り、前方よりmixi山岳会の面々が来るのに気が付きました。
おそらく向こうは気が付かなかったことでしょう。まさかここに僕らが居るなんて思ってもいないでしょうし。

長い林道の雪上歩きを終え、車到着は15時30分。

休憩を含む全行程6時間でした。

スノーシューとワカン、ヒップソリを用意しましたが、今回は使う場面が有りませんでした。
氷瀑登攀は、ヘルメット・12本爪・アイスアックス・ハーネス・カラビナ必須です。

お宿には16時到着。
お宿は公表しません。ここの露天風呂も料理も文句無し。特に洗練された料理は素晴らしかった(^◇^)

翌日はパワースポット「日光東照宮」観光。

僕も相方も、旅先でそれぞれ落とし物をしてしまいましたが楽しく充実した山旅でした。
結局今シーズンもスノーシューを使わずに終わりそうです。






途中までは雪も少なく路面が出ていました。






対岸に氷瀑!! 胸が高鳴ります。






渓谷内に足を踏み入れると、見事な氷壁のカーテンがお出迎え。













正面の氷瀑が本瀑です。









この先は急斜面だったのでここまで。



































ここでもアイスクランミングを楽しんでいました。




ログ






ここからはおまけ。ペンションの料理と日光東照宮。



















神橋
しんきょう

世界遺産「日光の社寺」の玄関ともいえる美しい橋

 二荒山(男体山)をご神体としてまつる二荒山神社の建造物で、日光山内の入り口にかかる木造朱塗りの美しい橋。
 奈良時代の末に勝道上人が日光山を開くとき、大谷川の急流に行く手を阻まれ神仏に加護を求めた際、深沙王(じんじゃおう)が現れ2匹の蛇を放ち、その背から山菅(やますげ)が生えて橋になったという伝説を持つ神聖な橋。別名、山菅橋や山菅の蛇橋(じゃばし)とも呼ばれています。
 現在のような朱塗りの橋になったのは寛永13(1636)年の東照宮の大造替のとき。明治35(1902)年にそのときの橋は洪水で流されてしまいましたが明治37(1904)年に再建され、日本三大奇橋の1つに数えられています。

(サイトより転用)




 
 
 
ヘッポコ登山記