火打山(新潟県妙高市)

2462m

2015.7.19

登り 雨 高谷池から山頂までは曇り
下り 曇り 12曲りを過ぎてから大雨

登り 5時間15分
下り 3時間25分

M&H


数年前から行こう行こうと計画を立てては、天候や体調、山サークルの運営問題で実行できずにいた「火打山」
今回はプライベートに変更して登ってきました。

胎内市から車で3時間半掛けて7時に笹ケ峰登山口に到着。第一駐車場は満車で、第二駐車場も8割程度と連休初日と言う事も有って多くの登山者がすでに登っておりました。

現地の天気予報は曇り、詳細な降水予報でも曇りになっていましたが、登山口の笹ケ峰高原は霧雨状態。登り始めから雨具を着ての歩きです。

コースとしては、トレッキングコースのような緩い登り、木道がやたら長いです。
黒沢を過ぎた12曲りとその先が登山らしい登り、あとは天狗の庭を過ぎた山頂への登りが急な程度です。
距離が長く加えて今回は雨、高谷池ヒュッテでの休憩タイムと天狗の庭から山頂まで標準タイムが1時間半のところ2時間も掛かってしまい、全体の所要時間としてはちょっと不本意なタイムでした。
Mさんは余裕で着いてきてくれましたが、運動不足のヘッポコは「登りに弱い登山家」を露呈(情けない)w

山頂では、雲に隠れた妙高山側に陣取りビールと焼き肉でプチ祝賀会。
トマトを凍らせたものはちょっと失敗。凍らせずに冷やす程度で良かったみたいです。

天狗の庭は花盛りを迎えています。
湿原側に目をやると、もうワタスゲがいい感じに咲き始めていました。

下りで、6月に解散した山コミュのメンバーMI&お友達さんとスライド。何度か一緒に登っている人なので、ちょっと慣れ慣れしく短い会話をしてしまいました。
MIさん達は雨でタイムロスしてて天狗の庭で引き返し、その後の下りでも「ヒャッホー♪ムニャムニャナンチャラホイ・・」なんか楽しそうに僕らを追い抜いて行きました。

下り後半で本降りの雨となり、ステップのある木道を足早に下りてきました。

同行のMさん、下りでの僕のハイスピードに離されることなくピッタリと着いてきてくれましたし、本人は自嘲した言い方をしていますが、十分基礎体力も有り持久力も持ち合わせていてどんな山へも登れるものと思われます。


追記

雨のため黒沢で引き返す事を考えましたが、Mさんの励ましでサウナスーツ(雨具)着ての歩行を続けました。結果的に諦めずに良い登山が出来ました。

黒沢では数人が沢登りを開始していて、沢沿いの登山道からも下部の沢での大声での掛け声が聞こえていました。

デジイチ持参も雨のため出番無し、画像はスマホです。

登りで足首を骨折して歩行困難な登山者有り。テーピングを申し出た所、既に介助に当たっていた人がその対応を。数人が居たので僕らは登山を継続。その後山頂への登り時にヘリの飛来が見えたので救助されたのかもしれません。

自作のハッカ虫除けは噴霧するとしばらくは効きます。今回は二人で容器一本を使い切りました。それでもMさんは額と瞼の2箇所、僕はふくらはぎに1か所ブヨに刺されてしまいました。






ここで引き返そうかと考えた黒沢。沢登りの人達。



高谷池とヒュッテ、快適な木道



天狗の庭は花の見ごろを迎えていました。



本日の雄姿



これ・・・止められません(焼き肉)



画面に収まらないロングコース(GPS)

 
 
ヘッポコ登山記