鳥海山 2236m(新山)

2014.9.28

天候 晴れ

メンバー えみ・さとこ・ヘッポコ



象潟(鉾立)登山口6:37 御浜小屋(鳥海湖)休憩8:18 鞍部雪渓9:47 頂上小屋11:04 新山山頂11:40
頂上小屋12:15 お昼休憩
頂上小屋12:47 七高山13:04 湯の台分岐13:38 文殊岳14:01 御浜小屋15:30 登山口17:02

全行程10時間30分


アクセスは行き、胎内市から2時間30分。帰り3時間30分。
全山紅葉真っ盛りで、谷筋・火口部・心字など雪渓が残っている。

クライマックスは、新山への岩登り。なかなかスリルがあって面白い。

頂上小屋から行者岳への登りは崩落のため通行止め。
七行山(旧山頂)へ上がり、外輪山に沿って下る。

夕日に染まる紅葉、下るにつれ綺麗なモルゲンロート、谷間のガスに写ったブロッケン。
たおやかに広がる山並みと、日本海に沈む夕日・・・
全てが心に焼きつく鳥海山となった。

今回同行したお二人にとっても、記憶に残る山となった事と思う。

温泉は少し足を伸ばして、道の駅象潟ねむの丘へ。


 



これが登山道




展望台までの道




賽の河原にて



日本海を見下ろす草紅葉



御浜小屋への鳥居



鳥海湖



高い所が大好き



写真で見るよりもっと色鮮やかだった



ハクサンイチゲを見つけて



春一番に咲くハクサンイチゲも最後の一輪



ようやく登山道らしくなってきました



長い石畳の道



全山紅葉の見ごろ



紅葉と稲倉岳1554m



カルデラに雪渓が



久しぶりに雪の感触



いつまでもここに居たいけど・・・



頂上小屋まであと一息



ここを登れば頂上小屋



新山へ取りつきます



頂上小屋の全景




外輪山、下りはこの稜線を歩きます



ここは噴火口の中



巨大な廊下



そろりそろり下ってまた登ります



新山山頂に到着



みんな大満足



一昨年はあの七高山(旧山頂)まで



新山の山頂より僅かに高そうな隣の溶岩塊



下りも慎重に



廊下も二回目は難なくスルリ



結構な高度感



先に下りて見上げました



昼食を取り、外輪山に上がり僕一人七高山へと足を運ぶ



今にも崩れそうな新山(七高山から)



カルデラ内の様子(七高山から)



雲海が湧き上がって来た



行者岳から見る七高山



小屋から左手に伸びる登山道は通行禁止



新山ともお別れ



雲が迫ってきました



噴火でえぐれたカルデラ



梯子はもう慣れたもの






チシマギチョウ






心字雪渓



カルデラの全景  大きな火口



戯れる龍



この付近だけが難所



陽が落ちてきて見事な紅葉



崖側のスペースに入り込み、ここでだけ見れたブロッケン現象



モルゲンロート、鳥海山よありがとう



展望台からの夕日



登山口には可愛いお地蔵さんが



GPS行程
 
 
ヘッポコ登山記