二王子岳 1421m

新発田市

2014.6.18

曇り

登り単独 下りSさんと2人


身内の入院が重なり、山は少し途切らせていました。
今日は水曜日休み、朝になりちょっくら二王子でも行って来るか・・・と、地下足袋にウェストポーチの「似非トレラン」スタイルで(笑)
荷物はいつもより10kgは軽い。一王子小屋まで40分、5合目独標まで1時間10分。なんて快調なんだろう!!
このペースなら2時間を切れるかも??!!

お猿さんのグループが藪の中で騒いでいます。ホー!ホー!と声を出して登りました。
油こぼしを過ぎて、お花畑はまだ残雪の下、琵琶池もまだ残雪の下でした。
地下足袋は足に合ってるようで、軽くて滑らないしキックは効くし中々いい感じです。

でも山頂手前でちょっと油断していたら、2時間を切れず

登り 2時間7分(新記録)

今日一番乗りの山頂からは、雪渓が少なくなったきた飯豊連峰の全てが見渡せました。
花は、琵琶池の隣で水芭蕉、シラネアオイ・サンカヨウ・ショウジョウバカマ・イワカガミなど見頃です。
稜線のニッコウキスゲは蕾が大きくなってきていました。

小屋で一休みして、小屋の空気を入れ替えようと扉を開けて外の様子を見ていたら、若い人が2番目に登って来てその後ろになんか見覚えのある白い帽子が・・・
なんとSさん、身内の入院で行けないとキャンセルしたのに、偶然二王子岳の山頂で会うこととなりました。
Sさんも今日のタイムは新記録のようです。

小屋でSさんからの頂き物で食事をして、最近の山コミュの話とかして下山します。

独標で休んでいた6人グループの一人から、「以前えぶり差で会いましたよね?」と声を掛けられ少し立ち話し。
亀田の山岳会の人で、今日は職場のグループで来ているとの事。「ヘッポコ登山記録」を見ているそうで、「参考にしている」と嬉しい言葉をもらいました。
こりゃ変な事を書けないぞ・・と思った次第(笑)

一王子の水場の水芭蕉は完全に葉だけとなっています。
一王子から2合目水場の中間点で、「オオスズメバチ」が足元の木から出て来ました。
羽音は獣物の唸り声のように聞こえ、大きさは半端なく大きいです。一見普通のスズメバチの倍くらいあります。
登山者には気を付けて歩行してもらいたいのと、登山道付近で巣を作らなければいいがと思いました。
山頂で会った若者は、一旦下山して再び登ってきました。トレーニングとの事でした。
本日の登山者は20名ほど。

下りは2人で世間話しをしながらの下山。

下り 2時間 (登りとほぼ同タイムだがこれも新記録)

温泉は月岡温泉「美人の泉」

車にスマホもデジカメも忘れてきて、写真はSさんから頂いた物を使用です。

************
トレランに興味を持ち二王子岳でのタイムを調べたら、1時間10台は普通のようです。
以前、外国人のトライアスロン選手が50分で登ったと言う記録を聞いたことがあります。
足を踏み入れない方が身のためかも~
 


青春の鐘と飯豊連峰


シラネアオイは見頃です。


山頂手前の琵琶池横の高台にある水芭蕉  この位置に自生しているのが不思議です。
 
 

 
ヘッポコ登山記