日本平山(1081m)
新潟県五泉市
2014.6.4
天候 晴れ
メンバー さと・ヘッポコ

この山に挑戦するのは今回が3度目。
相棒は2度目。
↓3年前の雨の日に登りルートミス、山ビルにやられた記録。
http://shuu.yamagomori.com/tozan-2011-10-nihon/t-nihon-2011-10.html

↓1回目は9年前。やはり山ビルにやられた。
http://shuu.yamagomori.com/tozan-2005-9-nihondaira/nihondaira-2005-9.html

今回は晴天に加え、ヒルの姿も見えず、ブヨも全く発生していないとう好条件。
ヒル除けに「塩タオル」とブヨ対策に「自家製ハッカスプレー」を使用したが、果たしてこれの効果があってのことなのかは不明だ。

登り4時間、下り3時間30分。

前夜飲み会で日本酒を飲み、二日酔い気味で登ったにしては上出来なタイム。

コースについて。
ダムサイトは危険なヘツリ道の連続、登山道は崩れて足を滑らせたら命は無い。
金ケ谷沢の渡渉は、融雪での増水を心配しましたが難無く渡れた。
対岸のヘツリと急斜面を登りきり、駒の神まで上がればようやく安全な登山道となる。
山頂では記念写真を撮り、ノートに記録して、手前の残雪でお昼タイム。虫もおらずのんびりと食事を取っての下山となった。
爽やかな山頂を後にして、標高を下げるにつれ気温が上がってくる。
長い道のりを歩き終え帰路に付いたものの、睡眠不足で仮眠を取ることに・・・車の車載温度計は29度。
さくらんど温泉で汗を流し、長い長い一日が終わった。

ロングコースに加え危険度マックスのヘツリ道、熊の爪痕に糞、ブナの木には熊を捕ったとの記録も。
お互い、もうこの山は登らないだろうと意見が一致。

この日、胎内市の最高気温は34度と今年一番の真夏日、6月の上旬としては記録的な暑さの一日だったようだ。


タイム
登り
早出川ダム6:24 = 山の神6:43 = 金ケ谷沢渡渉7:28 = 駒の神7:45 = トコヤ8:52 = ガンガ9:52 = 日本平山頂10:25
4時間

お昼休憩

下り
日本平山頂11:19 = トコヤ12:18 = 駒の神13:07 = 金ケ谷沢渡渉13:29 = 山の神14:23 = ダム登山口14:46
3時間30分
 


朝陽が差し込む

ダムサイトの足元は気を使う

サメサユリポツポツと咲いていた。画像はピンボケ

ロープに掴まりよじ登る

ヘツリを慎重に進む

おっかなびっくり・・・

上部からの崩落で登山道が無くなっている

こんな橋もスイスイと

僕は腰が引けてます・・・

金ケ谷沢渡渉ポイントを見下ろす

渡渉後の梯子。かなりの急斜面

怖い怖い 熊の爪痕

鉱山の精錬跡 トコヤ

前回はここで撤退した。ガンガから山頂を見る

三年前ここで撤退した写真。次の写真と見比べると間違いなくここだ。

ここまでも長いが、疲れた身体にはここからも長い ガンガ

9年越しの山頂。カエルは「無事カエル」かな

記念撮影

奥は鍋倉山かな御神楽岳も同じ方向なんだけど・・・

山頂にはこんなグッドアイデアな登頂記録箱が

ブヨも居なくて快適なお昼タイム

ユッキーだるま

下りでガンガを見下ろす

見事なブナ林

ヒル対策の塩タオル

今回のGPSログ。中間で電波を捕捉出来ずログが乱れている。
 
 
ヘッポコ登山記