石転び沢雪渓(出合いまで)

2014.6.8

天候 曇り

メンバー ゆず・ヘッポコ


今年はまだ飯豊に行ってないなぁ。今度の日曜日は予定が無いけど、まだ日本平山の疲れが取れてないし・・・
Hさんは予定があってNG、ゆずさんは防災訓練があってそれが済めばOKとの返事をもらい、急遽「石転び」へ。
現地の天気予報は「曇り一時雨」。当日8日の深夜には、かなり強い雨が降りましたが、明け方には止み午前7時くらいには青空も見えて来ました。
行ける所まで行こうと考えとり合えず出発し、結局雨には降られず予定通りの行程で楽しい一日となりました。

天狗平~温身平~石転びの出合い

登り 2時間
下り 1時間40分

自作ブヨ除けハッカスプレーは凄く良く効きました。
確かにブヨは発生してるけど、フッと寄って来ては離れて行き全く気にせずに行動できました。

石転びの雪渓は、例年から比べるとかなり少ないと思われます。
その分夏道の高巻きが増えて体力を要します。
雪渓に上がるポイントに、木の枝を立て下山で下り過ぎないように目印としました。
30分ほど雪渓を登り出合いに到着。稜線はガスに覆われ、梅花皮小屋も北股岳の雄姿も見る事が出来ません。
ランチタイムでは、恒例の焼き肉とビールで乾杯。
汗と、背中方向から下りてくる雪渓の冷気で身体か冷え、おまけにガスの高度がどんどんと下がって来て1時間休んで下山の身支度をしていると前方が見なくなるほどになりました。

雪渓下りは速い速い、登りの半分の時間で夏道に上がりました。

関川の日帰り温泉「ゆ~む」で汗を流しました。
そこで、肉体改造の師匠「Mさん」の健康体操のポスターを見つけ、頑張ってる様子で感心してきました。
らーめん「あしら」でエネルギー補給し、ゆずさんはお仕事へ~


 


夏道もあと少し


雪渓に乗りました。下山の目印に木を立てました。

落ちたら一巻の終わり

快適な雪渓歩き

右手の雪渓

出合いまでは遠いようだけど割と近い

振り向きざまに パシャッ

出合いに到着。石転び上部はガスに覆われてます。

ちゃんと撮れたのもあるけど、こっちの方が面白い。

偉そうに w

恒例の焼き肉(ウオロク製)

鮮やかに真っ赤な実、名前は・・・・?

 
ヘッポコ登山記