米山(992.5m)
柏崎市
2014.3.12
天候 晴れ

メンバー さとこ・ヘッポコ

コミュのイベントで二王子岳を立案していたが、平日と言う事もあり参加者が募集最低人数に足らずプライベートに変更。
下越地方は夜中から雨模様で、お天気レーダーを見てみると南ほど天気がいいみたいで「米山」なら雨も止んでそうと早朝から車を走らせました。
下道で出雲崎を過ぎた辺りから空は青くなり「これは行けそうじゃん」と気持ちもハイテンションに。
大平の登山口に着くころには、春霞みかPM2.5か解らないけど靄ってはいるもののいい天気です。
駐車場にはすでに3台が停まっていて、支度をしている間にもう2台が増えました。

8
5分 スタート
杉林を通り尾根にとりつくまで急斜面の登りです。
30
分くらいでしたが身体が慣れてなくて、もうバテバテ・・・
2
人ほどに追い越されてしまい、とうとうその人たちに追いつくこともなくスライドしたのは皆さん下山してくる時でした。

711m
の広場に着くと、山頂小屋が一段と近くに見えます。
トレースはしっかりとあるので道に迷う事はありませんが、尾根道では雪庇やナイフリッジになっているところが数ケ所ありました。
雪は湿っていて、簡単には崩れそうもなかったのでスイスイと通過。

山頂手前の急登になると胸突き八兆、「心臓破りの坂」が半端ではありません。
何度も休み休み登り、潅木が切れて目の前に小屋が現れました。
先行者たちがすでに下りて来ます。「がんばって」と声を掛けられもう一登り。

僕は小屋の入り口前でとうとう死亡・・・ 息絶えて・・・ ひと寝入り ww

山頂には「米山薬師」の社殿があるのですが、雪ですっぽりと覆われ屋根の避雷針が山頂を示していました。
10
29

小奇麗に整理された山頂小屋で早めのお昼です。
これが楽しくて山に登っている面もあるほど。
さとこさんの差し入れとカップヌードルとおにぎり3個とコロッケとウインナーと・・・ まだ何かあったような。
二階にも上がってみたり、窓からは日本海が見渡せます。

さてと、下山しましょうか。
11
9

単独の女性が登ってきました、本日はこの方が最終。
下山は雪がクッションになり超高速です()
急斜面では尻セード・・・ が止まらず木にぶつかりそう。
雪が緩んできたのと体重の関係で、先行者のトレースをツボ足で行っても僕だけ何度も抜かります。
そりゃリュックを入れると85kgくらいありますから。

12
24分駐車場に到着。

登り 2時間20
下り 1時間15

本日の登山者、男性8名、女性2名。

メトロポリタン松島で700円の日帰り温泉、大浴場は男女とも僕らで貸し切りの贅沢でゆったりと過ごし。
帰路も下道でのんびりと走りましたが、この時間は交通量も多く柏崎市内を抜けるのに時間が掛かりました。
新潟市に入ってから「男の福麺らーめん」をごちになりました。
この「男の福麺」、並も大盛りも特盛りも同じ値段の900円。
「残してはいけません」との注意書きにビビリ、並を注文しましたがこれでも普通の大盛り並みでした。
魚介ダシで背油たっぷり・・さすがにスープは半分残してしまいましたが。

しんどくて時間の割に体力を使った登山になったけど、道中共に大満足の登山でした。

 

麓からもはっきりと見える山頂小屋もだんだん近くなってきました。

P2260002

 

ナイフリッジでも雪質は湿っていて歩き易い。P2260005

 

こんな感じです。

P2260008

 

不安定な雪庇

P3020008.JPG

 

先陣の人達が下りて来ました。山頂小屋はもうすぐ。

P3020011.JPG

 

到着です。 一人小屋前で死亡寸前w

DSC03359.JPG

 

米山薬師堂が埋もれていました。

P3120013.JPG

 

薬師堂から小屋方向

P3120014.JPG

 

雪庇の向こうは黒姫山かな・・

P3120015.JPG

 

日本海です。

P3120016.JPG

 

小屋の中の様子。

P3120017.JPG

 

さて、来た道を下りましょうか。

P3120018.JPG

 

登っていますが下りです。いや?登りかな??

DSC03353.JPG

 

いやー・・・  疲れました。

DSC03375.JPG

 

ヘッポコ登山記録