角田山(早春編) 登山記録 2006/2/19 s.k
角田山 481m 新潟市 単独  晴れ
休日の朝は、ワクワクして寝ていられない・・・
今朝も五時起き。天気は快晴、この天気一日持ちそうだ。
朝食を済ませ、独り言のように「山行きてぇ・・ああ山行きてぇ・・」と家族に暗示を掛け、9時30分より一気にリュックに道具を突っ込み10時10分「角田行って来る!」と家を飛び出す。牢獄から脱出成功

カーブドッチワイナリーを過ぎ、前回登った角田岬灯台を過ぎ、少し入り組んだ道を下り浦浜コース口のある公民館に到着。登山靴も持ってきたが、今回は長靴で登る事にする。11時30分発
 
日本海を背に、雪解けで所々ぬかるむ登山道を登る。小鳥がさえずり、とても爽快だ。  
 
2つ目の休憩所12時30分  三望平12時50分 
五合目付近より雪道となり、長靴のスパイクを立てて登る。
頂上手前の登山道の様子
 
 
山頂1時
角田山の登山コースは7コースあり、それぞれ山頂で合流するため、思いの他登山者は多く、流れを見ていると今日一日で200人近くは登ったと思われる。
 
頂上は大変広く、休む場所には困らないが眺望は良くない。たまたま一番日本海に面した場所が空いていて、そこでお昼を取ることが出来た。
スキーウェアを着込んでコーヒーを沸かして、おにぎりとラーメンを頂く。山頂でしか味わえない美味しさである。ハーモニカを鳴らしている人が居たけど、静かな山を望む僕にはちと煩かった。
2時発
雪道の下山は快適であったが、雪が無くなった道では滑って手を付いてしまった。
2時40分下山
 
登り1時間30分  
下り40分
距離的には物足りないけど、この時期としてはいい足慣らしコースです。
3月には雪割草とカタクリの群生が素晴らしく、海岸沿いのシーサイドラインと共に気軽に楽しめる山です。
今回僕の中では一応、雪山として記録して置きましょう。
ヘッポコ登山記録