菱ケ岳・五頭連峰縦走 登山記録 2005/6/8 s.k
菱ケ岳974m 五頭山912.5m 新潟県阿賀野市 単独 曇りのち晴れ
6月8日(水)会社の定休日。初めての菱ケ岳から五頭連峰への縦走を決行。
前回はおにぎり製作に失敗したので、今回は上さんにお願いしてみた。
コンビニなら賞味期限切れ返品扱いの、7日製作4個。いつものラーメンと水3本を持って、
4時40分に自宅を出発。
五頭スキー場手前の、菱ケ岳登山口に車を停めて、5時50分登山開始
沢伝いからすぐに山腹道に入る。今回は、手の平大の大きな雨カエル??がお出迎え
村杉温泉登山道との分岐点6時5分 ヒメシャガの群生が綺麗だ
なだらかなアップダウンが続く。山ツツジ
チゴユリ
(かなりピンポケ)
ブナ林は空気が気持いい
高校生が遭難した慰霊碑。手を合わす 6時20分
再びヒメシャガを見ながら進む
見晴らしよく一休み。何のためなのか、こんな所まで林道工事がされている。6時45分
ウラジロヨウラクが可愛い花を付けている
 
イワカガミ発見!感動・・
ここから、菱ケ岳〜五頭とイワカガミが見頃
イワカガミのページはこちら
コシアブラの幼木。天ぷらにすると美味しい
笹清水
まだ残雪があった 7時20分
ナナカマドの花。
小さな花びらが落ち、登山道に白護摩をまぶしたよう。
20分ほど急坂が続き、山頂前は一番のチョー急坂。
「菱ケ岳」山頂到着 8時10分
まだ一人の登山者にも会わず、山頂を独り占め。
朝食に、おにぎり2個頂く。
休憩には丁度いい角石がある。芝生もあり、10人程度なら気持ち良く休める。
残念ならがら、下界の景気は霞みの向こう。8時30分、五頭への縦走開始。
夏場は枯れることもある「桂清水」
飲み水としては、少ない方が清らかな感じがする。
時期が遅くなったが、桂清水でイワウチワを見つけた。
 
少し、少女の香りを残した女性のように美しい
茂みの切れ目から、これから向かう五頭連峰が見えた。
小鳥のさえずりが心地いい。足元の沢にはまだ残雪が残る。
近くに自衛隊の演習場「大日ケ原」があり、機関砲の音が聞える。
今日の演習で、税金が何千万円使われるのだろう・・・と考えてしまった。
赤・白イワカガミの群生が続き、登山道もアップダウンの少ないトレッキングコース。
イワカガミの写真を沢山撮ってしまい、デジカメの容量が無くなった。
写りの悪いものを削除する。
龍の顔が見える「龍神清水」9時50分
急坂を登り切り、三又路10時5分
五頭山頂 10時15分
見晴らしも悪く、何も無い山頂だ。
今来た道を戻り、前一の峰へ 10時30分
今日一番の景色
本日初めて、二人の登山者に会い会話を交わす。
本当は、今日は僕一人なのかと心細かったんだ(笑)
10時35分 一の峰到着
鐘を鳴らし、龍神様を参る。
コンロを取り出し、楽しみにしていた「チャルメララーメン」を頂く。
見つけた!「小龍神」!!笑
一の峰より、菱ケ岳を望む
五頭に来ると登山者多く、5人と会う。
会話した人の中に、50歳くらいの凄いお喋りさんがいて、
相づちを打っていると話が終わらない。
リュック担ぎ、「先に」と逃げ出す・・・爆
 11時20分発
二の峰 11時30分
二の峰からの展望
三の峰 11時40分
三の峰の鐘
四の峰・五の峰は少し離れており、前回行ってあるので省いた。
今回は、この最短コース三の峰コースより下山する。
後に「急がば回れ」を痛感することとなる。
急な下りが続き、膝に来てしまった。カニ歩き、後ろ歩き

「長助清水」12時10分 
誰かが「いかりや」と落書き・・・笑

「どんぐりの森キャンプ場」下山 午後1時
舗装道路を歩き、1時15分 車に到着  
五頭スキー場跡手前菱ケ岳登山口5時50分→菱ケ岳山頂8時10分→五頭山頂10時15分→一の峰10時35分
→三の峰11時40分→どんぐりの森下山13時
(休憩込み)登り菱ケ岳2時間10分 縦走1時間30分 五頭下り1時間20分
 

今回は7時間の長丁場となり、筋肉疲労よりも膝の関節に来てしまった。
ネットで調べたら、誰かが何も無い山と酷評していたが、霊山でもあり
天気が良ければ里を見下ろす景色は素晴らしい。
大好きなイワカガミ、イワウチワを見れただけで、大満足。

登山口より、車で5分程度国道290号線脇に「うるおいの湯」がある。
300円 まだ新しく、湯船は少し狭いものの十分。
湯上りにロビーで、残りのおにぎりとつまみをたいらげ、水分を補給。
帰路に着く

っと家路についたものの、途中「どさんこ」に立ち寄り味噌ラーメンを頂いた。
ダイエット継続中なんだけど、登山するといつもお腹が空くんだ〜〜 アルバムはこちら

ヘッポコ登山記録