World Atlas

世界地図 ウディア カーシアン 自治区 ディライア ラウンディス カディア サウディウス ラーンナル ベルデリサ ヘイディア フィリス ホールウィック 古塔 凍てついた湖 滅びの街 地底洞窟 オリフェルス
=都市 =ダンジョン


【地名紹介】

Θウディア
 分裂後に、小国が寄り合って作られた新興国。
 それ故にカーシアンからは一段低く見られている。
 だが、豊かな領土と気候の安定により、内情は豊かである。

 #軍事都市ディライア
  ウディアの軍事・国政の拠点。
  ウディアの建国にあたり、最後まで抵抗をしていた土地でもあり、常に緊張状態にある。
  竜という架空の生物をシンボルとして掲げている。

 #国都ラウンディス
  ウディアの国都。
  現在はディライアにその機能を譲っているものの、ウディア最大の都市である。
  世界随一の巨大図書館や「祈る乙女像広場」などがある。

 #カディア
  南方に位置する小さな村。農業が盛ん。
  警備隊など必要ないくらい平和な土地である。

 #港町サウディウス
  ウディアの玄関口として君臨する街。
  輸送業の要でもあり、料金次第でどこにでも連れていってくれる強者もいるらしい。


Θカーシアン
 分裂以前からあった国。共和国。
 山岳が多く、国主を抱き元老院が政権を握るが、政情は不安定である。
 現在では帝国と呼称される。

 #帝都ラーンナル
  カーシアンの中心地。
  魔術研究所と帝城を抱えており、世界の中心を目指している。
  しかし、一般人に敷居が高いのもまた事実である。

 #芸術都市ベルデリサ
  カーシアンで最も煌びやかな都市。
  芸術の中心地ともいわれ、巨大ホールを象徴としている。
  街の中心にあるイライザ像は最も有名な観光名所。

 #港湾都市ヘイディア
  カーシアンからウディアと自治区をつなぐ都市。
  交流が盛んで、カーシアンにしては開けた土地だ、という話もある。
  警備隊内に不和があるらしく、駐屯所が北と南に分かれている。

 #フィリス村
  海路を使わないと行く事が出来ない、北方の小さな村。
  侵攻心の篤い人々が集まる村で、村人達は日々穏やかに暮らしている。


Θ自治区
 分裂後、地勢の変化に従い自然独立した地域。
 最も近代的なシステムを擁し、世界の文化・経済の中心地となる。
 ウディアはここの政治を目標として掲げている。

 #自治都市ホールウィック
  自治区の最大都市にして、中心地。
  分裂以前から栄えており、また学術の街としても有名。
  意外にも、多くの剣士を輩出した地でもある。

Θ古塔
  サウディウスの東の半島に位置する古びた塔。
  モンスターが集まるので物好きしか行かない。
  火属性の敵が多い。

Θ凍てついた湖
  雪と氷に閉ざされた地にある、溶けることの無い湖。
  霧の国にまつわるさまざまな伝承が残る地。
  水属性の敵が多い。

Θ滅びの街
  分裂により、水の底に沈んだカーシアンのかつての大都市。
  そこに行く手段もなく、どれだけ潜ってもたどり着けないと言われる。
  しかし、視認する事が出来るために観光名所と化している。
  金属性の敵が多い。

Θ地底洞窟
  フィリス村の近辺にあると噂される、地の底の洞窟。
  山を越えていくしかないが、その険しさに誰もたどり着いていない。
  土属性の敵が多い。

Θ空中都市オリフェルス
  はるか上空に位置し、時折地上近くまで降りてくるらしい謎の都市群。
  分裂後に生まれたのか以前からあるのかも定かではない。
  木属性の敵が多い。





[BACK]