小山いと子の通販濃い情報

            

子殺し 猪木と新日本プロレスの10年戦争

価格:1,543円 新品の出品:1,543円 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:2,500円
カスタマーレビュー
元「週刊ゴング」編集長が世に放つ衝撃作。98年以降のマット界の暗黒はなぜ起きたのか。専門誌編集長として業界のすべてを知る立場にあった著者だけが書ける、大仁田参戦、小川vs橋本、総合格闘技の「プロレス喰い」、幻の「ヒクソンvs長州」。団体の迷走と読者の狭間に立たされた苦悩を軸に、プロレスの「本質」を描き切る。新日本プロレス史に残る「暗黒時代」の真実といまはなき「週刊ゴング」への墓碑銘。
子どもの心に届く言葉、届かない言葉―教師力・親力をアップする教育コーチング

価格:1,512円 新品の出品: 中古品の出品:1,300円
コレクター商品の出品:1円
カスタマーレビュー
教師を目指す人、教えることに迷いを感じている教師、子どもを持つ親に向けた教育コーチングの入門書。分かりやすい事例と実践を交え子どもの能力を伸ばすノウハウを伝授。「傾聴」「質問」「承認」「同行」の4ステップでコーチングスキルがみるみる上達!
ボロ物件をお宝に変える不動産投資術 カリスマ大家・鈴木ゆり子が実践する

価格:1,620円 新品の出品:1,620円 中古品の出品:142円
コレクター商品の出品:1,300円
カスタマーレビュー
少ない投資で“ボロ”儲け!? ボロ物件だからこそ儲けはデカい!大家であり不動産屋だからこそ、本音でここまで語れる!誰も手が出ない格安物件を、ひと手間かけてリフォームし、利回り20%超で運用し、人気物件に育てて高く売る!本書は、埼玉の田舎町の普通のオバチャンが実践から学んだ「安全で効率的」な不動産投資のやり方を、大家兼業者としての立場から忌憚なく語った「目からウロコ」の実践ノウハウ本。
姥ざかり花の旅笠―小田宅子の「東路日記」 (集英社文庫)

価格:767円 新品の出品:767円 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:101円
カスタマーレビュー
江戸後期、筑前の大店のお内儀さん達が伊勢から江戸、日光、善光寺を巡る5ヶ月間八百里の知的冒険お買い物紀行。生気躍動する熟年女旅のゆたかな愉しさおもしろさが甦る!(解説・道浦母都子)
衣更月家の一族 (講談社文庫)

価格:810円 新品の出品:810円 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:2,730円
カスタマーレビュー
別居中の妻の潜伏先を察知した男が、応対に出た姉のほうを撲殺――110番通報の時点では単純な事件と思われた。だが犯人が直接目撃されていないうえ、被害者の夫には別の家庭があった。強欲と憤怒に目がくらんだ人間たちが堕ちていく凄まじい罪の地獄。因業に満ちた世界を描ききった傑作ミステリー!
隠し子の宿―手習重兵衛 (中公文庫)

価格:700円 新品の出品:700円 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:150円
カスタマーレビュー
おそのと正式に婚約を交わしたばかりの重兵衛だったが、朋友の作之助と吉原に行ったことが判明。さらに、隠し子がいることが村の噂となり、品川の女郎宿に出入りしているのも目撃され…。はたして重兵衛は、許嫁おそのに与えた誤解をとくことができるのか。
子どもとお母さんのためのお話セット

価格:5,032円 新品の出品:5,032円 中古品の出品:837円
コレクター商品の出品:1円
カスタマーレビュー
いもとようこと西本鶏介のお話絵本決定版。『あかちゃんのためのえほん』を卒業した、お話初心者の子どもとお母さんのために、いもとようこと西本鶏介が厳選した昔話、名作50話を収録しました。『子どもとお母さんのためのお話』2冊を色鮮やかなケースに収めたセット。プレゼントや家庭での保存版として最適です。
短夜の髪: 京都市井図絵 (光文社時代小説文庫)

価格:691円 新品の出品:691円 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:101円
カスタマーレビュー
京の町に店を構える茶道具屋の「柊屋」。目利きの父親・善左衛門に娘のお稀世、番頭の竹次郎の三人で、地道に真っ当な商いをしている。彼らの周りには健気に生きる男女や悪辣に稼ぐ商人など、真作贋作が入り混じる骨董の世界に魅せられた人々が行き来する。その喜怒哀楽を息づかいが聞こえてくるような筆致で描き、京の歴史に埋もれた骨董の蘊蓄も味わえる連作集。
(094)銀 (百年文庫)

価格:810円 新品の出品:810円 中古品の出品:4,330円
コレクター商品の出品:1,099円
カスタマーレビュー
北の海の廻船問屋、望楼のある古家の庭で老人が鶴を追う―。かつて帰船の宴や客人でにぎわった旧家の話(堀田善衛『鶴のいた庭』)。旅先で出会った子どもは、脚の悪い父の野卑で傲慢なふる舞いを恥じているようだった。親子の情愛の絆を一瞬の光景に刻みこんだ小山いと子『石段』。作家志望の「私」のかわりに実家の魚屋の跡継ぎに決められた小学生の弟。「私」は気がとがめてならないが…(川崎長太郎『兄の立場』)。銀波の残映のようによみがえる記憶、海辺の家族の物語。
遠い椿―公事宿事件書留帳〈17〉 (幻冬舎時代小説文庫)

価格:700円 新品の出品:700円 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:1円
カスタマーレビュー
若い頃、駆け落ちに失敗して男と生き別れた金物問屋の隠居・お蕗。その男の面影をどことなく感じさせる野菜売りのお杉を贔屓にしていたが、ここ数日、姿を見せないことを密かに案じていた。はたして、久しぶりに現れたお杉は衝撃的な話を口にする。それはお蕗に思いも寄らない出来事が起こる契機となった…。人気シリーズ、感動の第十七集。