2017年9月10日
キレット小屋CP , 赤岳 , 県界尾根 , 八ヶ岳高原ライン , 観音平
(Kiretto hut CP 2,365m , Mt.Aka 2,899m , Keikaione ridge , Yatsugatake Sky line ,kannontaira 1,560m)



行動記録(登山)

登山ルート(Day1)
8:22 山梨県北杜市小淵沢町観音平 路駐発
-> 9:05 雲海
-> 9:41 押手川
-> 10:45 青年小屋
-> 10:52 乙女の水
-> 11:00 青年小屋
-> 12:15 権現小屋
-> 13:56 キレット小屋CP

登山ルート(Day2)
6:20 キレット小屋CP発
-> 8:01 赤岳
-> 8:12 赤岳頂上小屋
-> 8:41 赤岳展望山荘(県界尾根へ)
-> 8:58 巻道分岐
-> 9:51 大天狗
-> 10:40 小天狗
-> 11:35 清里ハイランドパークゲート前(県界尾根登山口) 
-> 11:57 清里ハイランドパークゲート前(ここからは八ヶ岳高原ラインをチャリで移動)
-> 13:07 観音平ゲート前(チャリ、デポ)
-> 14:11 観音平路駐前着

移動距離
Day1 : 8.5km
Day2 : 29.1km
Total : 37.6km

行動時間(休憩を含む)
day1 : 5時間34分
day2 : 7時間51分
Total : 13時間25分

マップトレース

赤線:登行 , 青線:自転車

主装備
ザック:OSPREY  Kestrel48(青色)
テント:ARAI TENT AIR RAIZ 1(+Undersheet 1)
寝袋:ISUKA Air 450x short
GPS:GERMIN etrex20
ヘルメット:Petzl Sirocco
その他いろいろ・・・。

費用
キレット小屋 諸場代 550円
CCれもん(350ml) 400円

その他
キレット小屋(本沢温泉グループ)

コメント
朝4時頃に目が覚めた。
周囲でガサゴソと音が聞こえる。
上空の風の音が聞こえていた。
気になり、スマホで「てんきとくらす」を見てみると9時台の赤岳はBクラスになっていた。
降りはしないが、風が出る様子。
10時台はAクラスに戻るので、雨雲レーダーから見るに一時的な事と推察した。
少しぼぉ〜っとして5時頃に起きだした。すでに出発された方も居たが、自分はいつも通りの時間で行動を始める。


5時20分頃に朝食を作る。
上段に居た方はテントを畳んでいた。
アルファ米やベータ米で簡素に済ませているのだろう。
自分は時間をかけてでも麺系としている。


テントを片付け、出発の準備が出来たのは6時20分。
テン泊で最後に出発したのは私の様だ。
殿を勤めさせてもらう。


小屋に入り、昨日お借りしたペットボトルを小屋に返却する。
前後する形で、1人の年配の男性が小屋から出てきた。
ストレッチをしてから赤岳へ向かわれた。
自分もその後を追うことになる。


寝起き直後で、昨日の疲れがまだ残っている感じだ。
テンションが上がらない。


すぐに急登のザレ道に入った。
朝からこれだよ〜と思いながら登る。


赤茶けた岩場を登る。
昨日よりも荷物は軽いが、寝ぼけているので踏ん張りがイマイチ。
早く頭を起こさなければならない。


本格的な登りに入った。
先行していた男性から「先に行くかい?」と言われたが、テント装備な上にまだ寝ぼけているのでそのまま先へ行くように伝える。
あと、落石したら叫んで欲しいとも伝えておいた。


ここから核心部が始まる。
スポット的に鎖があるが、前半だけで後はない。
3点支持で登ることになるが、岩1つ1つが脆く崩れやすい。
1つ1つ足場を確かめながら慎重に進んだ。


先行する男性との距離は7,8m。
靴の裏が見えているので傾斜角をイメージして頂ければと思う。
この上部にも別のPTが登っている。
上部の落石には注意しなければならない。


まずは最初の急斜面をクリア。
両手が開いたので撮影出来た。


2番目のステップ。
先程の様にガレ具合は酷くないが、砂っぽい風化した岩なので、ここも気が抜けない。


上部から降りてくる方々がいた。
流石にテン泊装備で来る方は居なかった。
自分もテン泊装備で逆方向(赤岳→キレット)はパスですね。
下れませんわ。


切れ落ちた稜線にでると目の前に梯子が・・・。


梯子の上が少しオーバーハング気味の岩があり、そこを乗り越してトラバース道に入る。
ザックが大きいので後を振り向けない。
カメラを背中に回して撮影。


トラバース中にすれ違う事が多くなった。
大型ザックで重量級なので、逆に降りてくる方々が気を使ってくれた。(ありがとうございます。


トラバース道から西側の稜線へ乗り越す。


山頂が見通せるところまで来たが、ガスに覆われてしまう。
キレット小屋のテン場下部に居たPTが正面を歩いていた。
彼らは朝5時に出発されたが、追いついた事になる。
ちなみに核心部はここまで。


1回大きく深呼吸する。
いや〜凄い道だった。
テント級装備での下りは無理だわ。


先ほどの道に比べれば安定してきたが、気は抜けない。


振り返る。
先程、先行していた年配の男性は映像撮影中だった。
独り言をぶつぶつと実況していた。(^^;
後に山頂で追いつかれる。


真教寺尾根との分岐点が見えてきた。


7名PTとのすれ違い。
小屋泊の方々でしょう。
小屋泊装備なら下ることは可能でしょう。


この辺りの岩場は浮き石が少なく安定して登れる。
山頂が近い。


真教寺尾根分岐点を通過。


振り返る。


これが真教寺尾根分岐か・・・。
字が全然読めない。


その後も急斜面の岩道が続く。


ようやく山頂が見えてきた。


少し下る。
鎖場も充実。


お〜。(^ω^)
竜頭峰分岐。
文三郎登山道と合流。
これで南はつながった。
今回のメインミッションは達成。


振り返ると2年前の記憶が蘇った。


山頂直下の梯子で下り待ちの渋滞に巻き込まれる。
時間は8時になろうとしている。
もっとも混雑する時間なので仕方がない。


10分程待ってようやく山頂に到着。
これにてフェーズ1は終了。


キレット小屋から先行していた絵年配の男性も登って来たので、お互いに写真撮影をした。
(ありがとうございました)


相変わらず祭壇は綺麗である。


混雑する山頂を避けて頂上小屋へ移動する。
展望はこの通り、ガスガスである。


腰を下ろして小休憩をとる。
この間に多くの登山者が登って来た。
中にはビデオカメラ片手に登って来る方から、自分が歩いている所を撮影して欲しいと依頼してくる方も居た。
ここからは県界尾根を下る。
重装備であることを考慮し、赤岳展望荘方面から回り込んで尾根に入るルートで進む。
少し大回りになるが、単独行動である以上、つまらないリスクまで背負いたくない。


ここもだいぶ削られましたな。


赤岳展望荘が直下に見えてきた。


また機会あれば行者小屋CPにテント張りたいです。


そしてここで再び2,30名のPT集団とすれ違う。
2年前と同じ、結局待たされるのである・・・。(ーー;
なんでいつもここなのだろうか?


10分程待たされる結果になったが、隙を見て降りてきた。
ここから県界尾根に入る。


右上に頂上小屋がある。
最上部の難所を迂回する事が出来る。


ただ、あまり歩かれている人は多くない様で、途中から道が草に覆われ始める。


ロープは張られていたけど、結構崩れている所が多かった。


土砂崩れの上を歩くので足元が不安定。ヒヤヒヤものである。


草に覆われた道。
左手は崖である。
足元が見えないので恐怖感は高まる。


階段を下るも下部はボロボロに壊れていた。


ザックが木に引っかかったり、もう色々と・・・。


目の前は県界尾根登山道だと思うが、その前に最後の階段。
この左下は急勾配の沢で落ちている。


梯子とその上の超急勾配を登り切ると、目の前に行き先を封じた道標が落ちていた。
なに?このルートは廃道?(・_・?
まぁ、急斜面で転倒して転げ落ちるよりマシでした。


県界尾根登山道に合流。


こちらが山頂側。
難所の中間地点に出てきた事になる。


すぐに鎖場になる。
足元を見極めながら鎖に掴まりシュルシュルを降りていく。


ここはストレートで見通しが良い。
下から登って来る登山者が居ないことを見通した上でゆっくり降りていく。


足場はシッカリしているので、シッカリ捕まっていれば落ちることはない。
だけど、重装備でグローブはボロボロで使えなくなった。


下りはスムーズに降りてきた。
落石させないように注意は必要。


ここで小休憩。
アウターを脱いだ。


最下部の難所。
L字になっているので先が見通せない。
「降りまぁ〜〜す!」と叫ぶ。
返事がない事を確認。
階段を下りた。



途中から鎖場になり、南側へトラバースする。
下部が見えた。
声が届いたか分からないけど、1人待っていてくれた。
居るなら居るで返事してくれても良いと思うけど、積雪期に登山される方と違って、そういう事ないよね。
ラク!と同じでさ。
ここでのすれ違いは出来ないのでそういう配慮は欲しいですね。


上の写真の位置でもう1人登山者が登って来たので、この下部の道について状況を聞くと、鎖場はないとの事。
無事抜けた。
5分程小休憩を兼ねてからスキー場へ向けて下山を再開。


途中でメットを外し、帽子とストックを取り出す。


大天狗を通過。
ちょっとピークに立ち寄る。


げっ。首がない。(T-T)


小天狗に向う。
道は安定し、歩き易い。


3名位とすれ違った。
日帰りでしょう。


この区間はボーナスステージ。
テンポよく進める。
フェーズ2の区間で一番楽しかった。


苔道から変わって笹が出てきた。
だいぶ降りてきた。


広いテラスに出た。
ここで小休憩。


スマホだと色が濃すぎて自然ぽくない。
クッキリして地形変化は読めるけどね・・・。


小天狗通過。
分岐はもう少し先。


数分で分岐に到着。
清里方面へ下る。


これが結構急勾配でして・・・。
しかもノリ面でツルツル滑る。
途中で1回コケた。(泣)


段差もあって、結構大変。゜(゜´Д`゜)゜


笹ヤブも刈り取られていたが、整備して頂いた方に申し訳ないけど、刈り取った笹で尻もち転倒しました。・(>Д<)・゚
日帰り装備ならそんな事ないです。


この時点で清里分岐から谷底まで半分くらいだと思う。


ラジオの音が聞こえた。
登山道を整備している男性がいた。
階段を作っていた。
近づくと、作ったばかりだけど石の上を踏んでみてと言われる。
安定していたので、良さそうですよと伝える。
どこのどなたかは分かりませんが感謝です。


谷底が見えてきた。


石コロな道も無くなり、林道へ出る。


それでもまだスキー場まで距離はある。


あと40分の距離。


基本的には砂防ダムの脇を歩く道になる。
遊歩道ですな。


同じような道が続くので、ここまでスキップ。
真教寺尾根分岐点を通過。
美し森方面へ向う。


スキー場でイベントでも開かれているのだろうか、賑やかな声が聞こえ始めた。


橋(?)を渡ると、ゲートはもう直前。


お〜〜。チャリンコ無事でした。ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ
ゲート到着。
これでフェーズ2終了。


チャリンコを引っ張りだして、鍵を外してから少し休憩していると・・・。
スキー場からOさんが降りてきた。
「あれ、Oさんじゃないですか!」と声をかける。
真教寺尾根を日帰りして、戻って来た所のようだ。


20分ほどOさんと雑談してから、12時に観音平へ向けて出発。
速度からして1時間少々で辿り着けると見ている。
もう、ここまで来れば時間は関係ない。
公道を走るので安全走行で。
では最終、フェーズ3開始。


帰宅準備していたOさんに手を上げて「おつかれー」と別れて、そのまま美し森交差点を目指す。


快調!快調!
ちぉ〜〜〜きもちぃいぃ!(^O^)


だけどサスペンション無いので30km/h以上出すと転倒しそうになる。
あとはケツが痛いのは仕方がない。


撮影する時は路肩へ退避。
結構車がバンバン走っている。
一箇所だけ、最後のカーブになるのかな。
そこだけが、他と比べてちょいと登りになる。
これ以外は、ほぼ下り。
登りであっても惰性とローギアで登りきれる。


山梨県に入る。


観音台交差点を右折。
信号機は無いので行き過ぎないように注意。
清里から1時間の道のりでした。
久々の快感だった。(^^)
中古のMTB欲しくなった。


ここからは登りになるので、チャリンコは路肩にデポする。
ザックもデポしようかと思ったが、こいつだけは最後まで担いでいこうと思った。


ここから観音平まで徒歩1時間の道のり。


途中。
観音平までショートカット出来る道があるかと思ったけど、見つけられなかった。
地形図には出ているんだけどね。どう見ても薮しかなかった。
結局、道路伝いに登る。


特に何もないかな・・・
地味に登る。


歩きだから立ち寄れる。


甲斐駒や仙丈ヶ岳は雲の中。


ゲートから1時間、路駐場所に到着。
着替えをして、チャリ回収に向う。


チャリ回収。


帰りは行きとは反対方向の原村から白樺湖、大門峠で。
1時間30分の道のりでした。

これで南八ヶ岳エリアは完了です。
権現岳は、青年小屋CPに来た時でも寄りますわ。

あとは北八ヶ岳の双子山〜大岳〜北横岳かぁ・・・。
また地味でマニアックな所が残された。