南房総の地域情報、観光情報は、こちらから ⇒     


 千葉県南房総市三芳 千葉県南房総の地域情報「安らぎ空間 南房総・三芳」 三芳野は
 安房のまほろば


更新
2016.4.10
見 る 食べる 遊 ぶ 体験する 滞在する 新着情報 周辺情報 アクセス リンク 問合せ先

   
南房総市三芳地域「見る」 南房総市三芳地域「食べる」 南房総市三芳地域「遊ぶ」
Gazoo mura(千葉県南房総市 三芳村) ご存知ですか”低温殺菌牛乳” 里山わんぱく塾
 いちご狩り、たけのこ堀り  南房総市三芳地域「体験する」 南房総市三芳地域「滞在する」 ”グリーン・ツーリズム”
 ・・ってなあに?
   ペット可の宿
南房総・周辺情報
農産物直売所「土のめぐみ館」のロゴ農産物直売所
「土のめぐみ館」
   
 行事・イベント・体験・展示など
 いちご狩りが人気です!
 たけのこ堀り体験は4月末まで

南房総市三芳地域の観光新着情報

28.4.10掲載 ◆4月29日 ”たけのこ祭り”
 毎年恒例の鄙の里たけのこまつりが、道の駅「三芳村」鄙の里の交流センター前庭で、4月29日(金)に開催されます。時間は、午前10時〜午後3時頃までで材料がなくなり次第終了となります。
 今が旬のたけのこを、皮がついたまま蒸し焼きにした”焼きたけのこ”や”茹でたけのこ”が熱々の状態でお召し上がりいただけます。(無料サービス)
 その他、茹でたけのこやたけのこご飯、たけのこ汁、たけのこ焼きそばの販売もあります。
 詳しいことは、鄙の里情報コーナー(電話0470−36−4116)にお問い合わせください。

大鍋で茹でられた筍と試食するお客様

28.3.6掲載 ◆3月13日(日)「土のめぐみ館」春のお彼岸イベント
 春彼岸を前にして、鄙の里内にある農産物直売所「土のめぐみ館」恒例の春のお彼岸イベントが、3月13日(日)に開催されます。

 詳しくは「土のめぐみ館」HPから⇒

餅つきをする「土のめぐみ館」会員と飛び入り参加のお客様 綿菓子コーナーの前で綿菓子を手にする子供たち たこ焼きを作る「土のめぐみ館」会員とピースをする男の子 揚げたての旬野菜の天ぷらを食べる男の子たち

28.2.23掲載 ◆河津桜が満開になりました!
 河津桜が満開になりました。昨年の今頃ですと4〜7部咲きといったところでしたが、今年はどこも早く咲きだしたようです。
 一部は満開時期が過ぎて、葉も出始めました。
 道の駅周辺で河津桜の観れる所は、三芳橋近くの川田集会所南側、観光温室「夢の花館」南側、林道大学口線沿いなどがあります。
 規模はそれほど大きくはないですが、道の駅「三芳村」鄙の里や農産物直売所でのお買い物の帰りに立ち寄られてみてはいかがでしょうか。観るのはお早めに!

28.2.15掲載 ◆3月1日増間日枝神社の御神的神事
 御神的神事(おまとしんじ)とは、増間ダムの上流にある前蔵引きの滝(水垢離の滝)で身を清めた二人の若者が日枝神社の境内で矢を射て、的への当たり具合で、その年の天候や五穀の豊凶を占う1300年前から代々伝えられている伝統行事です。
 この御神的神事は、千葉県指定無形民俗文化財になっていて、房総の魅力500選の一つにも選ばれています。
 御神的は、毎年3月1日に南房総市増間の日枝神社で執り行われ、歩射は午後1時過ぎからで、どなたでも自由に見学できます。


 日枝神社は、南房総市増間の県道258号富山丸山線沿いにある増間浄水場(増間ダム)脇の林道を200m入った左手にあります。バスの便はありませんので、自家用車でこられて県道脇の市営駐車場(トイレ付き)か林道脇に駐車してください。
 道の駅「三芳村」鄙の里から増間ダムまでのアクセスは、こちらから⇒

(以下は、三芳村史より抜粋)
 重藤の弓2張りと、2つの矢立に12本の矢が準備され、二人の射手は的から23間3尺(約43m)離れた鳥居の側の定位置に立って交互に射る。矢は早生、中手、晩生の3回に分けておのおの12本ずつ射るので、延36本射ることになる。・・・
 これは一般には歩射といわれるもので、騎射(ヤブサメ)が馬に乗って矢を射るのに対して、地面に足をつけて矢を射る作法で、元来、破魔の目的と年占の意味をかねた神事である。・・・

鳥居の前で弓を引く若者 前蔵引きの滝(まえぞうびきのたき)

28.2.9掲載 りっちゃん農園でいちご狩り!
 苺の美味しい季節です。道の駅「三芳村」鄙の里の近くにあるりっちゃん農園で、いちご狩り園を開園しました。
 こちらの農園の主力苺は、「あきひめ」です。「あきひめ」は、糖度が高く酸味が少ないので小さなお子様からお年寄りまで誰にでも好かれる苺で、いちご狩りにも向いている品種です。
 周辺にもいちご狩り農園がありますが、「りっちゃん農園」は、家族的な雰囲気で接することができリピーターの多いのが特徴です。
 基本的には、土、日、祝日のみの開園で、大型観光バスの受け入れはあまりしていません。
 入園料は、シーズンとおして、3歳以上一人1,300円です。
 来園される前に予め電話でご確認ください。(連絡先:「りっちゃん農園」電話0470−36−2154又は、「鄙の里」電話0470−36−4116)


摘み取った苺を見せる女の子 イチゴを食べる子供たち りっちゃん農園でイチゴを食べる女の子たち

28.1.27掲載 日本盆栽協会安房支部主催の盆栽展『樹風展』
 日本盆栽協会安房支部主催の盆栽展『樹風展』が、29日(金)から始まります。
 樹風展は、毎年この時期に開催されていて今年で44回目となる南房総では伝統的な盆栽展です。
 会員が丹精こめて育てた松柏、実もの、草ものなどの盆栽の秀作20点ほどが展示され、どなたでも自由に鑑賞できます。
 なお、30日(土)午後1時30分から展示会場において講習会が予定されていますので、盆栽に興味をお持ちの方や仕立て方などに悩みをお持ちの方は、会場に足を運んでみてはいかがでしょうか。
 開催日時は、
 1月29日(金)午後1時〜午後5時
 1月30日(土)午前9時〜午後5時
 1月31日(日)午前9時〜午後3時までです。
 会場は、道の駅「三芳村」鄙の里(ひなのさと)から1Km南下した南房総市三芳分庁舎隣りの三芳農村環境改善センター1階展示室です。


会場に展示された盆栽と盆栽協会員

28.1.25掲載 1月31日(日)鄙の里16周年記念まつり
 鄙の里エリアにある「交流センター」の開設を記念して毎年この時期に、道の駅「三芳村」鄙の里で『周年祭』が開催されます。
 開催日:1月31日(日)午前10時から
 場所:道の駅「三芳村」鄙の里交流センター及び前庭
 ご家族、お友達をお誘い合わせのうえご来場下さい。
・・・・・
 プログラムは、次のとおりです。
☆ 南総みよし烈華隊による『よさこいソーラン』演舞(午前10時30分〜)
☆ 福豆まき(午前11時〜)
   ・・プレゼント品の交換は正午から
☆ 海鮮つみれ汁振舞い(午後12時30分〜なくなり次第終了)
☆ 福豆まき(午後1時30分〜)
   ・・プレゼント品の交換は午後2時30分から
☆ 恵方巻づくり体験(午後2時〜)
・・・・・
◎ 搗き立てのお餅振舞い(随時・なくなり次第終了)
◎ 陶器市(午前10時〜)
◎ 模擬店出店

福豆まきの福袋をキャッチしようとする参加者 三芳烈華隊のよさこいソーラン演舞

28.1.7掲載 1月28日(木)沢山不動尊縁日
 「沢山の不動さま」として地元で親しまれている安房国三十六不動尊霊場三十四番札所でもある沢山不動尊は、1月28日が縁日です。
 家内安全・商売繁盛・学業成就などに霊験があるとされ、近郷の人たちで賑わいます。
 また、地元の人たちも境内で甘酒を作って参拝者をもてなします。
 不動さまの縁日は毎月28日ですが、特に1月と6月には大護摩が厳修されます。
 沢山不動堂前には吊橋が懸かっていて、橋の下の沢山不動滝まで一周10〜20分程度で回れる遊歩道も整備されていますので、参拝した後には森林浴を楽しんでください。
 開催日:1月28日(木)
 場所:南房総市上滝田(長沢地区)
 道の駅「三芳村」鄙の里からの道順は、こちらから⇒

不動堂での護摩焚きの様子参拝に訪れた近隣のご婦人方 不動堂前の吊橋を渡る子供たち

27.12.21掲載 ◆新年11日まで延長・・海老敷のイルミネーション
 自宅の庭にスケールの大きなクリスマスイルミネーションを作製し、今月初めから自由に鑑賞できる場を提供している方がいます。
 今年も、友人たちとの共同作業で完成させました。神秘的な青いイルミネーションを始め多彩な色合いのLEDが点滅する庭に立ち入らせていただいたとたん、おとぎの国に迷い込んだようなメルヘンチックな気分を味わうことができます。かなりの力作です。
 場所は、南房総市海老敷の山名区に隣接したトンネルの近くです。
 クリスマスの頃まで点灯の予定でしたが、リクエストが多いため年明け新年11日(月)まで延長することにしたそうです。
 点灯時間は、毎日午後5時から9時までです。タイマーがセットされていますので、午後9時に突然消灯となりますのでご注意ください。


27.12.11掲載 ◆年末年始の伝統行事や各種地域情報を掲載(リンク集)
 南房総に於ける各種イベントや伝統行事、子供たちが興味を示す体験モノや教室、その他各種地域情報を集め掲載しています。
 年末年始の伝統行事や初日の出スポットなども逐次
更新して行きます。
 詳細はこちらから⇒(リンク集です!)

27.12.1掲載 ◆12月6日(日)「土のめぐみ館」で創業祭大売出し
 道の駅「三芳村」鄙の里エリア内にある農産物直売所「土のめぐみ館」恒例の創業祭大売出しが12月6日(日)に開催されます。
 目玉は、一年のご愛顧を感謝しての館内商品全品5割引きです。
 早い時間帯はレジ待ちの行列ができますので、待つのが苦手な方は
午後からがおすすめです。ただし、品切れの商品も出てきます。
 屋外では、”みかんの福引”やパンジーの特価販売、「土のめぐみ館」会員による農産物の格安対面販売、もちつき大会、その他、たこ焼き、ポップコーンの無料コーナーなどが設営されます。

 日時:12月6日(日)午前10時〜午後3時(以降午後5時まで通常営業)
 場所:道の駅「三芳村」鄙の里内 農産物直売所「土のめぐみ館」
わた菓子を持ってピースをする女の子たち 福引のみかんを袋に詰める子どもたち おじいちゃんともちつきをする女の子

27.11..28掲載 ◆みよし烈華隊が「よさこいソーラン教室」の参加者募集
 南房総市三芳地区を拠点に活動している”よさこいソーラン”チームの南総みよし烈華隊では、広く一般の方を対象に「よさこいソーラン教室」を計画しています。
 体験教室は、毎年この時期に開催されていて年々参加者が増えています。
 日程は、12月2日(水)、5日(土)、9日(水)、12日(土)の全4回で何れも時間は19時〜21時までです。
 当日は、運動のできる服装と飲み物、室内履きをご用意の上、時間前に南房総市谷向の三芳小学校体育館に参集してください。
 詳しいことは、加藤代表(090-8036-7080)までお問い合わせください。
 みよし烈華隊の活動内容は、同ホームページFacebookをご覧ください。
屋外での南総みよし烈華隊のよさこいソーラン演舞

27.11..9掲載 ◆沢山不動堂前のもみじが綺麗に!
 道の駅「三芳村」鄙の里(ひなのさと)から6Kmほど北にある沢山不動堂の真ん前にもみじの古木があり、毎年11月下旬から12月初旬にかけて色鮮やかに紅葉します。
 この沢山不動堂前には、吊橋が架かっています。吊橋の真中から小さな滝を眺めた後は、遊歩道をゆっくり散策すれば1周20分のミニ森林浴が楽しめます。
 ここは紅葉の名所というほどのスケールではありません。遊歩道を歩きながら森林浴を楽しんでいたら、奇麗に色付いたもみじがあったという感覚で楽しんでください。
 近くには、普通車が止まれる駐車場とトイレがあります。マイクロバスは、狭くて入れません。
 沢山不動堂までの道順は、「土のめぐみ館」隣りの交流センターにある情報コーナーでご確認ください。
赤く色づき始めた沢山不動堂前のもみじの古木

27.10.8掲載 ◆10月31日(土)「第9回みよしの夜まつり」開催
第9回みよしの夜まつり 恒例になりました「みよしの夜まつり」が、11月31日(土)に道の駅「三芳村」鄙の里(ひなのさと)を会場に開催されます。(雨天の場合は11月3日(火)に延期)
 出場団体は、次のとおりです。

 祭り囃子…本織笛友会
 太鼓演奏…みよし風の子・安房八幡太鼓
 太鼓演奏…四賀鼓龍会 虚空蔵太鼓(長野県松本市)
 太鼓演奏…館山黒潮太鼓

 八景島シーパラダイスから本物のペンギンと移動水族館がやってきます!

 三味線演奏…千葉民謡睦実会
 チアダンス…PRISMATIC

 フラダンス…フラサークル三芳他
 祭屋台引廻し…千代区
青年会
 ヒップホップダンス…エボリューション
 よさこいソーラン…南総みよし烈華隊

 日本の祭り…三芳緑染会

 イベントのフィナーレは、豪快に花火の打上があります。
 
 イベント会場は、道の駅「三芳村」鄙の里中庭(昼の部)と北側駐車場(夜の部)です。
 鄙の里北側駐車場は、イベント会場(準備も含め)として使用するため駐車出来ません。ご不便をおかけしますが、南房総市役所三芳分庁舎駐車場他数か所を用意しています。(午後4時から三芳分庁舎と鄙の里間にシャトルバスが随時運行されます。)

※ 問合せ先:道の駅「三芳村」鄙の里・情報コーナー 電話(0470−36−4116)
「安房八幡太鼓」のメンバー^による和太鼓の演奏 祭り屋台(左)とキリコを担ぐ三芳緑染会のメンバー
フィナーレの打ち上げ花火

27.920掲載 ◆「土師部(はじべ)の館」陶芸展始まる・・子どもの優秀作品も!
 道の駅「三芳村」鄙の里から1Km南にある南房総市三芳分庁舎隣りの三芳農村環境改善センター1階展示室を会場に、9月20日(日)から陶芸展が始まりました。
 会場には、三芳地域を中心として活動している三芳陶芸サークルのメンバーが丹精込めて焼いたプロ級の作品や味わい深い作品40点ほどと、この夏に全国小中学生の作品を集めて開催された「全国こども陶芸展inかさま」に出展した三芳小児童の作品80点も同時に展示されています。
 80人ほどの三芳小児童は、放課後に公民館教室として三芳陶芸サークルの指導を受けながら陶芸を体験している「みちくさハウス」のメンバーです。

 9月25日(金)までの午前9時〜午後4時まで(最終日は午後3時まで)開催されていて、どなたでも自由に見学できますのでお気軽にお出かけ下さい。
陶芸展展示作品
討議作品を観賞するギャラリー 「全国こども陶芸展」に出展した三芳小児童の陶芸作品

27.9.13掲載 ◆白い彼岸花(リコリス)が咲き出しました!
  ここ南房総・三芳地域の田畑の土手やあぜ道には、真っ赤な彼岸花が咲きだしてきました。
 そんな中、あちこちで道路沿いに植栽された白い彼岸花(リコリス)も少しずつ開花が始まりました。
 鄙の里から1Km北側の県道88号線沿いの南房総市下滝田でも、赤や白(淡い黄色)、クリーム色の彼岸花(リコリス)が植栽されていて、ところどころ開花しています。
 ここでは、綺麗に咲くようにと毎年9月上旬に地元の方たちが草刈りをしてくれています。
 左の写真は本年9月13日現在の開花状態で見頃は少し先になります。右3枚の写真は、昨年と一昨年の写真です。
県道88号線沿いに咲くクリーム色のリコリス 県道88号線沿いに咲く薄オレンジ色のリコリス 県道88号線沿いに咲く赤や白色の彼岸花

27.8.27掲載 ◆農産物直売所「土のめぐみ館」恒例の「新米フェア」は、9月6日(日)開催!
 農産物直売所「土のめぐみ館」恒例の「新米フェア」が9月6日(日)に開催されます。
 新米コシヒカリなどを特別価格で販売する他、新米コシヒカリのすくい取り(1回100円)や新米おにぎりなどの無料サービスもあります。
 
詳しくは、こちらから⇒
新米掬いどりに挑戦する男の子 新米掬いどりをする御婦人 ポンせんべいを持ってポーズをする女の子たち

27.8.13掲載 ◆8月16日(日)地獄極楽絵図特別公開
 南房総市本織にある戦国大名里見氏の菩提寺「延命寺」では、毎年お盆の8月16日に南房総市指定文化財の地獄極楽絵図を一般公開しています。
 江戸時代の絵師宗庵によって描かれた16幅の掛軸には、過去現在未来を意味する「慾界」「色界」「無色界」の3境界が描かれています。
 当日午前9時から午後4時頃まで随時、昆住職から「冥土への旅立ちから極楽浄土まで」の絵巻の解説があります。
 小さなお子さんは、夜中にうなされるかもしれないのでご用心!
 尚、撮影は禁止となっていますので、カメラはお持ちにならないでください。
 延命寺への道順は、道の駅「三芳村」鄙の里の情報コーナーでおたずねください。
 (掲載写真は特別に許可を得て撮影したものです。特に4幅の軸は、撮影のために特徴的なものを選んで特別に披露していただいたもので、当日の展示順序とは異なります。)
長谷山延命寺 地獄極楽絵図を観る子ども 4幅の地獄極楽絵図

27.8.5掲載 ◆南房総で、ぶどう狩り
 ここ南房総でも、ぶどう狩りが出来ます。道の駅「三芳村」鄙の里(ひなのさと)近くにあるぶどう園(裕成園)で美味しいぶどうが実りました。間もなくぶどう狩りが始まります。
 農園で冷たく冷やしたぶどうをたっぷり食べた後は、ぶどう狩りを楽しんでください。子供たちにも大変人気です。

☆開園期間 8月8日(土)〜9月中旬(午前9時〜午後4時)
☆料金
 入園料(試食付き)300円、もぎ採ったぶどうは、1Kg当り1,500円です。
☆品種と時期
 ベニバラード(8月上まで)、キングデラウェア(8月上まで)、種無し藤稔(8月中〜9月上まで)、種無し巨峰(8月中〜9月中まで)、ロザリオビアンコ(8月中〜9月中)などです。その他、シャインマスカットとブラックビートという新しい品種が8月中旬から少量ながら出てきます。
☆場所
 南房総市川田 農産物直売所「土のめぐみ館」から南東に歩いて5分

 2015年は、南房総市プレミアム商品券や南房総市一店いってんサマーキャンペーンにも対応しています。
 詳しいことは、裕成園(ゆうせいえん)(電話0470−36−2830)にお問い合わせください。
農園のおじさんから説明を受ける子供たち ぶどう棚の下で記念撮影をする親子 食べごろが近づいたぶどう「藤稔」

27.8.3掲載 ◆8月9日(日)農産物直売所「土のめぐみ館」お盆の売り出し
 農産物直売所「土のめぐみ館」毎年恒例のイベント「お盆の売出し」が8月9日(日)に開催されます。
 詳しくは、こちらから⇒

会場でかき氷を食べる女の子たち お楽しみ抽選会に参加するお客様 会場でトウモロコシを食べる子どもたち

26.7.20掲載 ◆第5回まほろば夢楽(むら)まつりは、7月26日開催
第5回まほろば夢楽まつりポスター 地域づくり協議会「みよし」のメンバーが中心となって、三芳地域を元気にしたい、盛り上げてゆきたいとの思いを集結させた第5回「まほろば夢楽(むら)まつり」が7月26日(日)に開催されます。
 県内外からよさこいソーランチーム13団体が集結して歩行者天国でのパレード大演舞、続いて三芳地域の祭り屋台2台による祭囃子の演奏や地元緑染会手作りのねぶた2基の練り回し、安房八幡太鼓他の和太鼓の演奏が勇壮に行われます。
 他にも、優雅なフラダンスや華麗なチアダンス、子供たちが楽しめる人形劇や子供広場、横浜八景島シーパラダイス移動水族館、模擬店なども設営されます。


開催日時:7月26日(日)午前10時〜午後5時
開催場所:南房総市谷向 南房総市役所三芳分庁舎周辺駐車場、三芳小学校前市道(夢咲通り)など
駐車場:会場周辺に3か所準備
主催:地域づくり協議会「みよし」
問合せ先:夢楽(むら)まつり事務局 (電話0470-36-1185)

地元の祭屋台と御輿のイメージ図 みよし烈華隊に「よるよさこいソーラン」の演舞(イメージ)

27.7.9掲載 ◆7月19日(日)、20日(月)毎年恒例!鄙の里の流しそうめん食べ放題
 毎年恒例となりましたイベント『流しそうめん食べ放題』が、7月19日(日)と20日(月)の2日間鄙の里交流センター前庭で開催されます。
 青竹を使った素朴で自然な風合いの樋を流れてくるソーメンが、涼味を感じさせます。
 開始時間は午前11時30分からで、ラストオーダーは午後1時30分となっています。
 料金は、30分間食べ放題300円、かき揚げ100円、3歳以下は無料です。
 詳しいことは、鄙の里交流センター内の情報コーナー(電話0470−36−4116)でご確認ください。

流しそうめんを食べる女の子と男の子 流しそうめんを食べる女の子 流しそうめんを食べる男の子

27.7.1掲載 ◆ぶどうが色付き始めました!
 道の駅「三芳村」鄙の里(ひなのさと)近くのハウスで栽培しているぶどうの中で、”ベニバラード”という品種のぶどうが色付き始めました。
 このぶどうは7月中旬には道の駅にある農産物直売所「土のめぐみ館」店頭に並びます。
 続いて、7月20日頃には”キングデラウェア”が、次に”巨峰”が8月上旬、”ロザリオビアンコ”が8月20日過ぎ、更に8月中旬過ぎに”藤稔り”と”ブラックビート”が順次お目見えします。

☆ お知らせ
 ぶどう狩りは、8月8日(土)からです。(詳細は追ってご案内します。)
ハウス内で色付き始めたぶどう「ロザリオビアンコ」

▼もっと見る!過去の新着情報はこちらから

▲このページのトップに戻る
.