秋の里山で体を動かそう&福祉との交流
2018年10月20日(土)

毎年10月の白川里山定例会は、福祉施設の皆さんと秋の里山を楽しみます。
南山城学園の爺ちゃん、婆ちゃんと、迦陵園の小学1年生の男の子が遊びに来てくれて賑やかになりました。

理学療法士のMさんの呼吸筋体操から始まり、
5月に一緒に植えたさつまいも掘り、竹切り競争、切った竹で野草の生け花づくり、焼き芋、
イガグリを使ってのボッチャ競技などで秋の里山をエンジョイしました。\(^o^)/

途中、山への椎茸取りに足元が少し悪い方も保育園児も、頑張って登っていただき、
採りたて焼きたての美味しい椎茸を食べてもらいました。(^○^)
秋の里山で楽しく過ごすことができました。
有り難うございました。m(__)m

リーダーが朝のごあいさつ  Mさんの指導で呼吸筋体操をして、体を軟らかくします 
小学生達は、まず鶏にごあいさつ   ヨメナの花が夜露に濡れて美しい
 最初に、皆でサツマイモ掘り  土が硬くて、直ぐには掘り出せません
 2人がかりでも、しんどいよ!!  お嬢ちゃん、掘り出せるかな?
収穫は、これだけ  洗えば、美味しそうな鳴門金時 
リーダーから野草生け花の説明  竹林で孟宗竹を切り出しました 
保育園児も切れるかな  切り出した太い竹を一節毎に鋸で切り分けます 
 僕も切れたよ  ススキ、セイタカアワダチソウ、サワヒヨドリなどの生け花
ボッチャの球  投げ方は、ボーリングと同じ 
おじさんと僕の試合   どっちが勝ったのか、リーダー判断を待ちます
雑木林には、アケビが実をたくさん付けていました  たき火の側で竹を切ります
 草刈り機の修理をするおじちゃん 焼き芋ができたかな? 
焼き芋できました  焚き火は、未だ少し熱いよ