里山作業
2018年9月15日(土)

毎年9月は、恒例の里山一斉作業日です。
しとしとと梅雨のような雨の中、6名のスタッフだけで9月白川里山定例会を開会。

草刈器のエンジン音を響かせて大きく伸びた休耕田のススキやカヤを刈り取りました。
2名のおじさんは、台風21号で半壊した藤棚を大きく剪定して復旧してくれました。

秋の野草、サワヒヨドリが休耕田を賑わしていました。
ゲンノショウコの小さなピンクの花や彼岸花もきれいでした。
畑の中ではコスモスの花が咲き始めています。

雨が止んできましたが薪が濡れているから
野外炊飯できないのためで昼食は持参したお弁当をいただきました。
13時頃には、お開きとしました。

朝の白川里山  開店休業状態の白川里山広場 
 藤棚剪定と修復作業 こんなにさっぱりとしました 
 草刈りに励むリーダー 草刈り払い機の轟音が聞こえてきます 
一日でしぼんでしまうイボクサを見つけました  雑木林にはクワガタムシも生きています 
 ナメコが多いが、シイタケは皆無 遅くなっていたニンジン畑を作りました 
今年もゲンノショウコのピンクがきれいです   山栗が豊作です
 アケビが今年も食べられるだろうか コスモスの花が畑を彩ります