初夏の里山を観察しよう&ジャガイモの収穫
2018年6月16日(土)

梅雨の合間の快晴で気持ちの良い日に、18名が参加。
午前中は大忙しです。まずは、玉ねぎの収穫。
大小様々な玉ねぎが採れて、お昼のお汁の具材になりました。
次にジャガイモの収穫です。同じ畑なのですが、水はけの状態なので西側の畝の分の成長が早く、
西側の2畝のみ掘りましたが、
掘っている最中に大きなミミズやいろいろな虫たちが顔出しました。
子供達は大騒ぎ。

次は、田植えです。1段目畑のひと区画(5m×6m)を田んぼにしました。
この部分は、雑木林に溜まっている雨水が、自然に湧いてくる場所です。
白川里山は、休耕田ですが、会員さんの発議で、やっと小さな小さな田圃が始まりました。
元気な男の子が「僕がやる!」とパンツ一丁になって田の中に入り田植えをしてくれました。\(^o^)/
どんなお米ができるか、秋の稲刈りが楽しみです。

おまけに、田圃の近くの池で子供が「これ何と言うカエル?」と持ってきました。
よく見ると、毎年雑木林の池の上に張り出した柿の木に産卵をしているモリアオガエルの親カエルです。
こんな遠いところまで遠征して来たのです。1週間後に田圃を見に行くと、畦に1卵生んでいました。

ここで少し休憩をし、お待ちかねのクワガタ採りを雑木林で行いました。
昨年ナラ枯れと強風でクワガタの来る木が減ってしまい、採れるかどうか心配でしたが、
ノコギリクワガタのオス2匹、コクワガタのメス1匹、そしてなんと61mmもあるヒラタクワガタも採れました。
また、最近見ることができなかったイシガメの子供を捕まえて写真撮影をさせてもらいました。
どれを持ち帰るかは、子供たちが話し合って決めました。

昼からはのんびりと過ごし、
収穫したジャガイモをハリケーンポテトにし、カレー味と梅塩味で楽しみました。
生き物がいっぱいで、ツバメが飛び交う休耕田の空高く舞うサシバを
野鳥の会のおじさん達が見つけてくれました。

来月は、今月採れたジャガイモと玉ねぎを使ったカレーライスを作ります。お楽しみに

 
 お父さんの指導で大きなジャガイモを収穫できました 今日収穫できたタマネギとジャガイモ 
 
2畝でこれだけ収穫できました  皆でジャガイモ掘り 
 
 カマキリの子供もいました ジャガイモ掘りで出てきた大きなミミズ 
 
 バッタだろうか? ハラビロシオカラトンボがいました 
 
 土の中から大きな卵を引きずって蜘蛛が出てきました 田んぼづくりは大変です 
 
ベテランおじさんから田植えの仕方を教えてもらいました  田植えができたのは、この苗の70%くらい 
 紐を張って1直線に植えました おじさん達に混じって、僕も田植えしました 
 
田植え完了、約30分かかりました  ブルーベリーの収穫も間近です 
 
イシガメ君よ、どこに隠れていたのかな?  ヒラタクワガタの親分が白川里山にいたのだ 
モリアオガエルを畑で初めて見ました  白い塊が、多分このお方が産んだのだろう