林檎のハカロワ作品一覧

・題名をクリックすると話が読めます。
・背景と同じ色で、当時の裏話や私の思いなんかが書いてあります。ネタバレ。
 個人的な意見も入ってるので、意見が違うからって怒っちゃいやですよw
173話 死ぬまでセイギ?
 前話にあたる「正義」にいたく惚れこみ、執筆欲求だけで書いた作品。
 鋏ザクザクまで書きたかったが、葵ファンがが怖いし、初SS=ヘタクソがそこまで書いてよいものかと自粛。
 6本傷のできた香奈子には、是非包帯を巻いてもらいたかった。
 (まさか思ったとおりに鋏ザクザクにいくとは思わなかったよ)

226話 非日常の再会
 私がハカロワに望むもの全てを詰めこんだ作品。
 愛と狂気と優しさと。ジャ○プの三原則とは大違いですな。
 この冬弥と由綺の(愚かな)愛し合いは私の思う理想の恋人関係であるのだが、現実にはこんな由綺は欲しくない。

234話 堕ちた道化
 住井の狂いっぷりが示唆されてきた。もう北川との再会も果たせまい。
 これ以上醜くなる前に私の手で…(と言いながら、殺す寸前で止める臆病者)
 題名は前話にあたる「堕ちる道化」が感性にHITしたため。

242話 無知の中の死
 前話「堕ちた道化」で逃げたツケw
 人気キャラゆえに死亡には細心の注意を払った。
 だが優先されたのは冬弥の思考の方向付けであるw

320話 救世主
 人気キャラ七瀬。このまま壊れていってくれたほうが好みなのだが、それは他のキャラでもできるしなぁと救済。
 七瀬ほど動かしやすいキャラは少ないのだ。
 (女装マッチョの救世主って一行も書きたかったしw)

338話 King of Kings
 前話にあたる「逢魔ヶ時」和樹と楓の死亡で感想スレが荒れる。
 個人的にはストッキングモーニングスターは好き。
 ああいう工夫された武器の方が銃器より楽しめる…が、ちょっと死に方があっさり風味だったのでしょうか?
 とりあえず速筆をいかして補完文。評判が良くてほっとした覚えあり。

442話 監視外の出来事
 前話にあたる「校舎という名の墓場」の爆弾吐き出しがわからんと言う人が、感想スレにちらほら現れる。
 無粋かとも思ったが説明を兼ねて補完文。
 ついでに原作でも語られている、千鶴の弱さについても書いてみた。

466話 天使の導き
 リレーしてもらえませんでしたが、なにか?
 うう…。ついでに千鶴のヘンペー胸をネタにしてみる。
 千鶴スレを読んだばかりだったのだ。

483話 月代よサラバ!?
 感想スレからネタをいただく。感謝!
 ところで、さりげなく月代が蝉丸の血に触っているような…。
 気にしなーい。

494話 一瞬の出来事
 戦闘シーン初挑戦。ついでにキャラが壊れてきた茜の抹殺をもくろむ。(失敗)
 感想スレのネタで「詩子は札束を胸に入れていたので、撃たれたけど死んでない?」というネタがあり、私はそのつもりで書いてました。
 晴香の説教はうまくリレーされて良かったですわ。
 (トカレフは銃弾が6発らしい。そして数えてみるとちゃんと6発で弾切れしてる。え…ええ、狙ったんですよ。うん)

522話 最強タッグ誕生
 終盤へ向けて、物語を加速させようと手をうってみる。
 (思惑とは違い)二手に分かれたものの、目論見はほぼ成功。リレーしてくれた方に感謝!
 妄想ハァハァネタは、まぁお約束ということでw

557c話 無題(アナザー)
 前話にあたる「修正(アナザー)」で千鶴が死亡し、感想スレが荒れる。
 私は登場キャラは綾香だろうが、さおりんだろうが、源三郎だろうが、千鶴だろうが公平に見るタイプなので、あまり不満ではなかった。
 補完であるこの話を感想スレにカキコしたのだが、スレ移行寸前だったためこっぴどく怒られる。間が悪い林檎。

570話 拝啓おふくろ様リターンズ
 気分を変えて文体変えて、実験作。
 前話でのCD割れ(?)を防げとの要望が多かったので補完してみる。
 ジョジョネタはどれくらいの人に通じたのか。

601話 人でなくなるということ
 そろそろ人同士の殺し合いが難しくなったため、マーダーを準備する意図で書き上げる。
 前話の血の摂取を見て「これだ!」と思ったわけですが、結果的に賛否両論でしたね。

611話 男二人。史上最大の作戦
 うん? 段々私の作品がギャグ系に…。
 風呂の最中に出せる敵いないかなぁとか考えてましたよ。

616話 七瀬のないしょ(名無したちの挽歌氏、彗夜氏との共同作)
 いや〜このころ感想スレが最高におもしろくてw
 アナザ前提で挽歌氏があげたこれを本編に組みこもうと大討論。
 結局皆の意見ぶっこんで調整&UPさせていただきました。

619話 漢と乙女の狭間で
 さおりん好きですが、何か? ええ、ふきふきですよ。
 台詞はマサルさんの単行本片手に打ちこみましたよ。

650話 脈動
 この頃から、鬼化療養所全滅編を念頭に書き始める。
 だが唐突な人外化は基本ルール違反。耕一鬼化の時の状況も踏まえ、少しづつ…。

679話 策士
 Gロボです。ええ、Gロボですとも。
 鬼の設定付けです。小さい力で大きな結果。これが彼のモットーですw

689話 転機、そして彼は
 この頃になると、各地で目的がぼやけたグループが出てちと頭を悩ませる。
 もちろん魔法は失敗のつもりで書きました。
 余波で発生した光で、時間軸調整と目的決めの手助けになれば幸いと。

694話 それぞれの勇み足
 葉子が武器も無しに飛び出した理由がわからない。
 なら混乱していたとしてしまおう。少年に会って伏線付けも済んでたし。と、この作品。
 しかし鬼関係の話の、二話に一度は私の作品ってのはまずいよなぁ…

704話 壮大なムービー
 設定紹介話。チャットで書き手が集まって決まったことを、読み手さんに公開するのが主目的。
 それでもおもしろくないのは論外なので、グルグルネタのギャグ。
 ええ、単行本片手に打ちこみましたよ。

708話 間が悪い耕一
 拝啓おふくろ様リターンズに続く実験作。
 途中で文体を変えるという荒業。わかりにくいとの意見多数。ごふ…。

712話 まだ見ぬ敵
 療養所全滅編へと向けて、まずは耕一をGET!
 『』で重要個所を囲むなんて情けなくてやりたくなかったんですが、私の伏線は分かりにくすぎるとの事でしたので。
 自分の表現力不足に萎え!

755b話 ああ、美しき獣よ(アナザー)
 林檎版鬼彰の集大成。
 アナザーだと感想がつかないので、評判はよくわからない。
 どうでしょうか?

775話 遊戯
 「鬼? まだいたの?」
 すいません。主目的は神奈の性格づけです。

805話 チェシャ猫〜再び裏舞台へ〜
 当時大人気だった高野を出してみる。マナがあのまま死ぬのは(個人的に)ちと不自然だと思ったので。
 なるべくなるべく目立たないようにしてみたのだが、それでも本キャラをくうな!との意見も飛び出す。
 高野も先行者もデザートイーグルも葉鍵キャラも、同じハカロワ登場(人)物だと思うんですけどね。

837c話 なんでだろう…
 もちろんタイトルの由来は(´-`).。oO(なんでだろう?)スレです、はいw
 それはさておき「激昂」でスフィーが死ぬという、まったく予想していなかった事態になりました。
 とはいえ、これはこれで傀儡スフィー(口から呪詛)を書くチャンス! 速攻書きました。

840話 意志の力は魔法の力
 林檎の思う、絶対悪の高貴なラスボス。のイメージを全部突っ込みました。
 まさか総力戦にならないとは思わなかった & 観鈴に乗り移るなんて二番煎じもないと思ってたので、強さがそう調整されています。
 『観鈴を守れる人間は誰もいない』わざと動物の描写さけまくったんですけど、活躍はありませんでしたw

 ろくに意志も篭められぬ飛び道具が効くわけなかろう(TRPGシャドウランより、意識体へのダメージは意志力でルール)
 やってやるぜぇぇっ!!(NG騎士ラムネより、ダサイダーの決め台詞。さらに元があるんですけどねw)
 もしかしたらこのまま余を滅ぼせるかもしれぬぞ?(ダイの大冒険より、大魔王バーンの嘘)
 我ながら情けない破壊力よ…(ドラゴンボールより、ベジータのぼやき)
 柱のカドに頭をぶつけたといったところかのぉ(ダイの大冒険より、ヒムの台詞)
 余も完璧ではない。そう…まだ完璧ではないのじゃよ(ハーメルンのバイオリン弾きより、大魔王ケストラーの台詞)
 知らなかったのか? 神奈備命からは逃げられない(ダイの大冒険より、大魔王バーンの台詞)

867話 BGM Change 鳥の詩(a Last Episode)
 ああ、何もかもが懐かしい。
 葉鍵ロワイアル。最終回です。
 スタッフロールが流れた段階から、こういう映画風ENDにしようと決めていました。
 私が最も時間をかけたSS。
 毎朝の電車の中で鳥の詩を聞き、頭の中で映像を流していく。
 テンポ、リズム、画面の切り替え、カメラワーク。
 頭の中では完全なフルアニメーションで動いている彼女らを、SSで表現。
 特殊な文体となりましたがいかがだったでしょうか?
 誰かムービーにしてくれないかなぁと切に願ったり願わなかったり…w