アレクサンドル・ソクーロフを通販で安く買うなら

アレクサンドル・ソクーロフのお買い得情報をご紹介しています。

キーワード:



TOPページ | 次のページ

ニーチェの馬 [DVD]

価格:3,968円 新品の出品:3,570円 中古品の出品:1,827円
コレクター商品の出品:980円
カスタマーレビュー
第61回ベルリン国際映画祭 銀熊賞・国際批評家連盟賞 w受賞! 哲学者ニーチェの逸話を基に“人間の尊厳"を追求する深遠な黙示録が、いま幕を開ける―鬼才タル・ベーラの最新作にして、最後の作品! ! 1889年トリノ。ニーチェは鞭打たれ疲弊した馬車馬を見つけると、駆け寄り卒倒した。そのまま精神は崩壊し、二度と正気に戻ることはなかった・・・。どこかの田舎。農夫とその娘、年老いた馬が暮らす人里離れた荒野の中の一軒家。重労働でぎりぎりの生計を立てている彼らの唯一の収入源は馬と荷馬車。父は荷馬車仕事を、娘は家事を行い日々を過ごし、暮らしぶりは貧しく限りなく単調だ。熟練の動作と季節の変化、一日の時間によってリズムと決まりきった仕事が課されるが、その重荷が残酷にのしかかる。そして突然の来訪者が彼らの単調な日々の生活を脅かす・・・。ハンガリーの鬼才タル・ベーラが、完璧な技巧と独自の美学で構築された哲学を貫き
アレクサンドル・ソクーロフ DVD-BOX 2 (痛ましき無関心/マザー、サン/モレク神)

価格:15,552円 新品の出品:44,000円 中古品の出品:28,000円
コレクター商品の出品:1,800円
カスタマーレビュー
好評の第一弾boxに続く、「太陽」の鬼才、アレクサンドル・ソクーロフのbox第二弾。妻、母、愛人―ソクーロフはいかに「女」を描いたか。究極の映像美の中、この世ならぬ世界を、体験する。 ボヴァリー夫人 救い、まもり給え―。 「ボヴァリー夫人」をモチーフに作成された美しく、奇怪で、そして残酷な物語。名もない女のこの世の地獄めぐりと、浄化。鬼才ソクーロフが描く肉体と精神の相克。 spasi i sokhrani 1989年 ロシア color 167分 日本語字幕 特典 封入:解説リーフレット 監督:アレクサンドル・ソクーロフ、脚本:ユーリイ・アラボフ、撮影:セルゲイ・ユリズジツキー、音楽:ユーリイ・ハーニン、出演:セシール・ゼルヴダキ、ロベルト・バアブ、アレクサンドル・チェレドニク他 マザー、サン 海辺の森に隠された家。母と息子のふたりだけの生活。死に行く母、見守る息子。もはや彼岸のような凄絶
エルミタージュ幻想 [DVD]

価格:4,010円 新品の出品:4,010円 中古品の出品:3,442円
コレクター商品の出品:3,280円
カスタマーレビュー
 現代に生きる映画監督が、あるとき自分が19世紀のエルミタージュにいることに気づいた。しかし、彼の姿は誰にも見えていないようだ。やがて彼は、不思議な時間旅行を味わっていく……。  ロシアの名匠アレクサンドル・ソクーロフ監督が、世界の宝物たるエルミタージュ美術館の中に入りこみ、ハイビジョンキャメラを用いて、撮影は1日、すなわち本番1回、何と90分1カットで撮り上げた壮大なるアートフィルム。画面の外からの声を監督自身が担当し、彼と劇中のフランス外交官キュスティーヌ(セルゲイ・ドレイデン)との会話によってロシアの近世近代の歴史300年がひも解かれていく。圧巻なのはクライマックスの舞踏会で、流麗に動き回るカメラワークも功を奏し、幻想的なまでに美しい映像が展開されていく。まるで夢か幻かといった魅惑の90分。一度体験してみて損はない。(的田也寸志)
ドルチェ-優しく [DVD]

価格:5,184円 新品の出品:5,184円 中古品の出品:5,702円
コレクター商品の出品:5,380円
カスタマーレビュー
監督: アレクサンドル・ソクーロフ 撮影: 大津幸四郎 出演: 島尾ミホ/島尾マヤ/島尾敏雄 -- 内容(「cdジャーナル」データベースより)
太陽 [DVD]

価格:6,770円 新品の出品:6,770円 中古品の出品:1,607円
コレクター商品の出品:3,000円
カスタマーレビュー
 ヒトラーやレーニンも自作の題材にしたアレクサンドル・ソクーロフ監督が、昭和天皇を主人公に、終戦の年、8月15日の前後を描く。空襲から逃れるため、地下室で生活する天皇(=ヒロヒト)が終戦を決意する苦悩に焦点を当てながらも、ヘイケガニの研究に安らぎを求め、訪れる米軍兵士に「チャップリンに似ている」と言われて喜ぶ姿など、人間としての天皇を映像化。日本人にとって興味深い仕上がりだ。  イッセー尾形は、口をもごもごさせる仕草など、本人の癖を巧みに採り入れつつ、人間味溢れるヒロヒトを好演。侍従らとのやりとりでは笑いも誘う。ソクーロフ監督はセピア調の映像で当時の雰囲気をかもし出し、夢の場面で魚が爆弾を落とすなどシュールな描写も挿入。外国人が描いた日本にしては違和感が少ない。天皇の描写を含め、さまざまな意味で問題を投げかける作品ではあるが、人間になることを許されなかったひとりの運命として観ると、

TOPページ | 次のページ