村上春樹 エッセイに関する通販商品をご紹介しています。

村上春樹 エッセイのお買い得情報           

  
村上春樹 エッセイに関する通販商品をご紹介しています。






職業としての小説家 (Switch library)
価格:1,944円 新品の出品:1,944円 中古品の出品:1,170円
コレクター商品の出品:1,800円
カスタマーレビュー

村上ラヂオ (新潮文庫)
価格:497円 新品の出品:497円 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:1,250円
カスタマーレビュー
 本書は、2000年3月から約1年にわたって雑誌「anan」に連載された50篇のエッセイをまとめたものだ。「パスタ」「レコード」「ロードス島」「コロッケ」「ヴァージニア・ウルフ」「ドーナッツ」そして「猫」と、目次に散りばめられたキーワードを目にするだけで、村上ファンならついニヤリとしてしまうに違いない。もちろん「焼かれたブラジャー」「柿ピー問題」「にんじんさん」「きんぴらミュージック」といった新たな話題も満載で(なぜか「すき焼き」「太巻き」「うなぎ」など和食の話題が多い)、村上エッセイの味わいが凝縮された1冊となっている。  特に印象深いのは、作家としてデビューした「群像」新人賞の授賞式の思い出「スーツの話」に始まり、チャンドラーの小説中の台詞をひきながら、村上作品の主要テーマでもある「死」について考察した「さよならを言うことは」で締めくくられている点だ。「20世紀に対して、…個人
遠い太鼓 (講談社文庫)
価格:1,980円 新品の出品: 中古品の出品:980円
コレクター商品の出品:50円
カスタマーレビュー
ある朝目が覚めて、ふと耳を澄ませると、何処か遠くから太鼓の音が聞こえてきた。その音を聞いているうちに、僕はどうしても長い旅に出たくなったのだ――。40歳になろうとしていた著者は、ある思いに駆られて日本を後にし、ギリシャ・イタリアへ長い旅に出る。『ノルウェイの森』と『ダンス・ダンス・ダンス』を書き上げ、作家としての転換期となった、三年間の異国生活のスケッチブック。
もし僕らのことばがウィスキーであったなら(韓国本)
価格:2,160円 新品の出品: 中古品の出品:1,500円
コレクター商品の出品:1,609円
カスタマーレビュー

辺境・近境(韓国本)
価格:1,944円 新品の出品:1,944円 中古品の出品:1,997円
コレクター商品の出品:999円
カスタマーレビュー

やがて哀しき外国語 (講談社文庫)
価格:6,394円 新品の出品: 中古品の出品:2,500円
コレクター商品の出品:2,743円
カスタマーレビュー
f・スコット・フィッツジェラルドの母校プリンストン大学に招かれ、アメリカでの暮らしが始まった。独自の大学村スノビズム、スティーブン・キング的アメリカ郊外事情、本場でジャズについて思うこと、フェミニズムをめぐる考察、海外で深く悩まされる床屋問題――。『国境の南、太陽の西』と『ねじまき鳥クロニクル』を執筆した二年あまりをつづった、十六通のプリンストン便り。
村上春樹、河合隼雄に会いにいく (新潮文庫)
価格:529円 新品の出品:529円 中古品の出品:16円
コレクター商品の出品:999円
カスタマーレビュー

村上朝日堂ジャーナル うずまき猫のみつけかた (新潮文庫)
価格:767円 新品の出品:767円 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:420円
カスタマーレビュー

村上さんのところ
価格:1,404円 新品の出品:1,404円 中古品の出品:829円
コレクター商品の出品:3,099円
カスタマーレビュー

辺境・近境 (新潮文庫)
価格:562円 新品の出品:562円 中古品の出品:142円
コレクター商品の出品:304円
カスタマーレビュー


Copyright (C) 2015 村上春樹 エッセイのお買い得情報 All Rights Reserved.