アンジェイ・ワイダって通販で買えるの知ってます?

            

リベリオン ワルシャワ大攻防戦 [DVD]
価格:1,750円 新品の出品:1,000円 中古品の出品:749円
コレクター商品の出品:1,580円
カスタマーレビュー
第2次世界大戦末期にポーランドで起きた“ワルシャワ蜂起"の真相を描いた戦争アクション。1944年。ステファンたちは、祖国の解放を信じてレジスタンスに身を投じる。だがワルシャワの街は、ソ連軍の裏切りとドイツ軍の攻撃によって崩壊していく。
コルチャック先生 [DVD]
価格:5,138円 新品の出品:5,080円 中古品の出品:1,935円
コレクター商品の出品:7,000円
カスタマーレビュー
“私だけ助かるわけにはいかない…"ガス室で子どもたちと共に生涯を閉じたコルチャックの半生 本邦初dvd化! 20世紀が生んだ偉大な人道主義者「コルチャック先生」の半生を、深い敬意と共に描く。 監督ワイダの誠意と祈りが全編に満ち溢れる、プショニャクの名演も忘れがたい感動編。 1936年。コルチャック(ヴォイチェフ・プショニャク)は前年から子ども向け連続ラジオ番組『老博士のお話』のホスト役を務め、人気を集めていたが、ある日局の重役に突然番組の打ち切りを告げられ、憤然とする。ポーランドとナチスドイツとの関係が微妙な状態にあった当時、ユダヤ人児童のための孤児院を設立し、自身ユダヤ系でもあるコルチャックを起用し続けることを、上層部が危ぶんだ結果だった。 やがて第二次世界大戦が勃発し、ワルシャワはドイツ軍に占領される。およそ200人におよぶ身よりのない子どもたちを養うコルチャックの孤児院も、ワルシ
コルチャック先生 Blu-ray
価格:7,784円 新品の出品:5,638円 中古品の出品:11,274円
コレクター商品の出品:1,293円
カスタマーレビュー
“私だけ助かるわけにはいかない…"ガス室で子どもたちと共に生涯を閉じたコルチャックの半生 世界初blu-ray化! 20世紀が生んだ偉大な人道主義者「コルチャック先生」の半生を、深い敬意と共に描く。 監督ワイダの誠意と祈りが全編に満ち溢れる、プショニャクの名演も忘れがたい感動編。 1936年。コルチャック(ヴォイチェフ・プショニャク)は前年から子ども向け連続ラジオ番組『老博士のお話』のホスト役を務め、人気を集めていたが、ある日局の重役に突然番組の打ち切りを告げられ、憤然とする。ポーランドとナチスドイツとの関係が微妙な状態にあった当時、ユダヤ人児童のための孤児院を設立し、自身ユダヤ系でもあるコルチャックを起用し続けることを、上層部が危ぶんだ結果だった。 やがて第二次世界大戦が勃発し、ワルシャワはドイツ軍に占領される。およそ200人におよぶ身よりのない子どもたちを養うコルチャックの孤児院も、
カティンの森 [DVD]
価格:4,010円 新品の出品:4,010円 中古品の出品:3,280円
コレクター商品の出品:16,800円
カスタマーレビュー
1939年9月1日ドイツに、17日にソ連に侵略されたポーランド。そして、捕虜になった約15,000人のポーランド人将校が行方不明になるが、後に多くの遺体がカティンで発見される。タブーとされてきた“カティンの森事件”の真実を、将校たちの姿と彼らの帰還を待つ家族の姿を通して描いた衝撃作!将校たちの、国家への忠誠と、家族への愛の狭間で引き裂かれる思い。人々の運命は戦争によって翻弄され…。
アンジェイ・ワイダ DVD-BOX 1 (世代/地下水道/灰とダイヤモンド)
価格:15,552円 新品の出品:55,500円 中古品の出品:45,000円
コレクター商品の出品:42,600円
カスタマーレビュー
ポーランドの巨匠アンジェイ・ワイダの<抵抗三部作>、dvd-boxにて遂に刊行!苛酷な運命に翻弄された第二次大戦終結前後のポーランド。反ナチ闘争を軸に共産主義と愛国主義が対立する、激動の一時代を見据えた三部作。『世代』1942年。ワルシャワ郊外で生まれ育った少年スタフ(タデウシュ・ウォムニツキ)は、友人のジジョとコスチック(ズビグニェフ・ツィブルスキ)と一緒に、ドイツ軍の軍需品輸送用列車から石炭を盗み出そうとするが、ジジョがドイツ兵に見つかって射殺されてしまう。この事件をきっかけとして、スタフは見習いとして街の家具工場で働くようになる。ある日彼は、青年組織に参加しないかと若者たちに呼びかけているひとりの娘(ウルシュラ・モジンスカ)と出会う。娘は人民軍の一員で、同胞が流した血と涙に報いるため、占領軍に復讐するのだと説く。スタフはようやく、自ら進む道を見つけた気になる……。『地価水道』1944
地下水道 [DVD]
価格:5,184円 新品の出品:22,800円 中古品の出品:8,480円
コレクター商品の出品:12,800円
カスタマーレビュー
映画製作におけるポーランド芸術の誕生が刻印された傑作。地下水道に追い詰められた対独レジスタンス中隊の悲劇……。ワルシャワ蜂起の敗北を描く、アンジェイ・ワイダ「抵抗三部作」第二作。1944年9月末、ドイツ軍に占領され荒廃した旧市街を、ポーランド国内軍の中隊が行軍している。中隊長のザドラ中尉(ヴィェンチスワフ・グリンスキ)、副官のモンドリ中尉(エミル・カレヴィチ)、連絡係の女性ハリンカ(テレサ・ベレゾフスカ)、記録係のクラ軍曹、小隊長のコラブ(タデウシュ・ヤンチャル)とその部下“ノッポ"(スタニスワフ・ミルスキ)、そして民間人の作曲家ミハウ(タデウシュ・シェイバル)が主要メンバーである。そこへ、連絡係のデイジー(テレサ・イジェフスカ)が加わる。度重なる攻撃で遂に進退きわまった隊員たちは、下水道を使って撤退するべくマンホールを降りてゆくが……。1956年のポーランド映画『地下水道』は、真の意味で
ダントン [DVD]
価格:5,184円 新品の出品:5,080円 中古品の出品:6,480円
コレクター商品の出品:4,511円
カスタマーレビュー
豪放磊落で人間味溢れるダントンと、冷徹で教条主義的なロベスピエール── フランス革命期の恐怖政治を背景に、対照的な二人の男の葛藤を力強く描き出す。 ダントン役には、ワイダが一目見て彼こそダントンだと直感したというフランス人俳優ジェラール・ドパルデューが抜擢された。ワイダは1970年代半ばより『ダントン裁判』を何度か舞台で演出したこともあり、ロベスピエール役には舞台版で同役を演じたポーランド人俳優ヴォイチェフ・プショニャクが起用されている。 フランス革命期に生じた独裁と恐怖政治をめぐる、二人の対照的な人物ダントンとロベスピエールの葛藤を中心に据えた作劇とプロットの構成は、映画と原作で共通している。しかし彼らの扱いに関しては、映画と原作とで真逆なものとなっており、原作がロベスピエール側に寄り添う形で書かれていたのに対し、映画版はダントン側の視点に立って劇が構築されている。そのため、映画『ダント
アンジェイ・ワイダ DVD-BOX III: 鉄の男/ダントン/悪霊
価格:15,552円 新品の出品:24,450円 中古品の出品:19,800円
コレクター商品の出品:2,480円
カスタマーレビュー
“連帯”、フランス革命、ロシア文学を題材にポーランド史を照射――アンジェイ・ワイダdvd-box第三弾刊行!80年代ワイダ、その精力的な創造活動の一端を伝える、中期の代表傑作群。「鉄の男」傑作『大理石の男』(76)の続編として製作された、もう一つの苛烈な体制批判映画。“連帯”の発火点となったグダンスク造船所を舞台に、現在進行形の事件の渦中に飛び込んで作り上げられた緊張感溢れるドキュメント=ドラマ。「ダントン」豪放磊落で人間味溢れるダントンと、冷徹で教条主義的なロベスピエール──フランス革命期の恐怖政治を背景に、対照的な二人の男の葛藤を力強く描き出す。「悪霊」無神論的革命思想=“悪霊”に囚われた人々が織りなす破壊と暴力、その先に待ち構える予期し得ぬ悲劇……。長大かつ複雑なドストエフスキーの小説世界を、大胆に解釈し直した問題作。
カティンの森 [DVD]
価格:1,980円 新品の出品: 中古品の出品:999円
コレクター商品の出品:800円
カスタマーレビュー
1939年9月1日ドイツに、17日にソ連に侵略されたポーランド。そして、捕虜になった約15,000人のポーランド人将校が行方不明になるが、後に多くの遺体がカティンで発見される。タブーとされてきた“カティンの森事件”の真実を、将校たちの姿と彼らの帰還を待つ家族の姿を通して描いた衝撃作!将校たちの、国家への忠誠と、家族への愛の狭間で引き裂かれる思い。人々の運命は戦争によって翻弄され…。
約束の土地 [DVD]
価格:5,184円 新品の出品:9,629円 中古品の出品:1,500円
コレクター商品の出品:1,908円
カスタマーレビュー
列強に国土を分割され、消滅国家となっていた19世紀末のポーランド。 世界屈指の繊維工業地帯ウッチを舞台に、人種の異なる三人の若者の野望を描く。 アンジェイ・ワイダが、祖国ポーランドの文化にオマージュを捧げた壮大な歴史劇。 19世紀末、ポーランドのウッチ郊外にあるクルフ。士族階級のボロヴィェツキ氏(タデウシュ・ビアウォシュチンスキ)の屋敷の庭に、ボロヴィェツキの息子であるカロル・ボロヴィェツキ(ダニエル・オルブルイフスキ)と、彼の友人ユダヤ人モリツ・ヴェルト(ヴォイツェフ・プショニャク)およびドイツ人マックス・バウム(アンジェイ・セヴェリィン)の若者三人が自転車に乗ってやって来る。 カロルは許婚のアンカ(アンナ・ネフレベッカ)と逢瀬を楽しむ。ボロヴィェツキ家は400年の歴史を誇る旧家である。ボロヴィェツキ氏は伝統にこだわっているが、カロルは新たな時代に適合しなくてはならないと考えている。カロ