英国海軍揚陸艦アルビオン一般公開・後編




後部の飛行甲板(格納庫は無し)に上がるとテントが張ってありました。

個人的にはない方が良いんだけどまあ暑いし日陰ほしいもんね。

ここには銃器や装備品などなど色々な小物を含めて展示してありました。








BsV10ヴァイキング水陸両用装甲車
間接連結型式装甲車とか初めて見たよ、こんな考え方もあるんですね。

ベースはスウェーデンのBv.206って車両らしいですけど正直日本とアメリカ以外はさっぱり知りません。
ジャッカル装輪装甲車
L7A2汎用機関銃
L85A2
ヘルメット/暗視装置 グロック17
L85A2UGL L-129A1自動狙撃銃
FGM-148 ジャベリン? L123-A1擲弾発射機
名称不明

正直名前は参考程度にして信用しないでください。英国海兵隊の装備は初めて見たので知らないのばかり。

Web検索してこれかな?と推測しているだけだったりしますので。

そして装備品やレーションの類い、レーションは何かドライフルーツを試食させていただきました。


そして多量に置いてあるBsV10ヴァイキング水陸両用装甲車。


その他諸々な展示物。


揚陸艇。


最後にこちらの前部サイドランプから退艦したのでした。

この後にホストシップを務めたMST-463うらがも見学。

こちらも近年の海上自衛隊としては珍しく艦橋内見学などサービスがよかったです。

もっともアルビオンと比べると雲泥の差ですけどね。

そんな訳でうらがは今回割愛ということで。




イベント情報へ戻る