久里浜港ナッチャンWorld一般公開




2018/5/278日)、東部方面混成団創立7周年記念行事を見学後にバスで三崎口駅へ移動。

そこから京急久里浜線に乗り久里浜駅へ、そこから徒歩で久里浜港へ向かいます。

本当は久里浜駅からバスに乗るつもりだったのですが満員だったのでね、過去に何度も歩いてるしと言うことで。

東京湾フェリー乗り場が見えてきたところにナッチャンWorldが見えてきました。

この船は民間の船ではありますが防衛省の契約により自衛隊の訓練や有事の際には兵員輸送などを

行う輸送船として運用されることになっている訳です。

簡単に言うと自衛隊に徴傭船として契約したフェリーって所かな?

今回久里浜港へは八年ぶりの寄港との事、双胴型船舶の見学は初めてなので楽しみですな。





船腹に書かれたカラフルな絵が民間船舶であるのをよく示していますね。

とはいえこの絵を維持し続けるのは大変な気がする、ペンキがはがれ落ちかかっていたしね。
まずは船尾ランプウェイから乗り込み、船内の見学です。

まあ車両甲板ですけどね。


・1F車両甲板

自衛隊車両では下記の防災関係イベントでは珍しくない車両が展示されておりました。
・野外通信システム
・1 1/2tトラック
・1/2tトラック
・1t水タンクトレーラー
・野外炊具1号
・3 1/2t水タンク車

他に民間車両だとこんなもんだったかな。
・電機自動車
・ホイールローダー

・2F車両甲板

1Fに比べて2Fの天井が低いので、1Fが大型車両で2Fが小型車両用かなと。

この時、ちょうどしらはま丸が久里浜港を出港していきました。

今は船腹にチーバ君のラッピングが施されているんですね。

そういえば東京湾フェリー、最近乗ってないな。

久しぶりに館山でも行って見ようかしら?






・3F客室

色々な展示物がありましたがそれら無しのありのままの姿が見たかったな。

普段どんな風に運用するのかわかるようにね。


紋太は北海道は紋別の、逸見エモンは横須賀のゆるキャラだそうな。

何か北海道観光のCMしてましたね。

ちなみに私は夏過ぎに北海道に行く予定を立ててます。








船外では米海軍の消防車も展示されてました。

今回の一般公開とどう関係あるのか?

横須賀つながりぐらいしか多い当たらないけどそのためかね?









帰りも行きと同じように徒歩で久里浜駅へ移動。

そこからJR横須賀線から東海道線に乗り継いで帰宅したのでした。


イベント情報へ戻る