東部方面混成団創立7周年記念行事・前編




2018/5/27(日)、四年ぶり四度目となる東部方面混成団創立7周年記念行事を見学しに武山駐屯地へ行ってきました。

前回よりも早めに家を出たのですが……前回と行列の状態がさほど変わらんぞ。

まあこの位置なら席確保は問題ないからこれで良しとするか、実際これ以上早く到着は出来ないしな。



同じバスで来た行列近辺の人とおしゃべりしながら時間つぶし。

そして約三時間後に手荷物検査を受けて入場、席の確保を行います。

最前列は無事に確保できましたが昔のようにひな壇(スタンド席)復活して欲しいところですな。




席を確保後、すでに何度も訪問しては居ますが駐屯地内を見学し絵回ります。

この段階での装備品展示はこんなものでした。

・92式地雷原処理車
・PAC3
・155mmりゅう弾砲FH-70
・93式近距離地対空誘導弾(近SAM)
・防災関連の展示(自衛隊、警察、消防)

珍しくも何ともないお馴染みの車両だけですね。

昔はもっと珍しい車両が展示されていたんだが……それともそういったのは訓練展示後に展示されたのかな。

あんまりにも混んでいたので早めに席に戻って、式典開始を待つことにします。



09:45頃に入場開始、10:00頃に記念式典が始まりました。

国会開催中のためでしょうか、代理の方ばかりでしたね。確認したところ4年前もそうだったみたい。

それ以外は特に普通の記念式典でして、今この記事書いているときにすっかり忘れていました(笑)。

そして観閲行進です。

第1機甲教育隊が廃止されたら今後は戦車は参加しなくなるのかな?


女性自衛官による合唱
自衛隊体操
高等工科学校生徒のファンシードリル
74式戦車の姿勢制御展示




後編へ続く


イベント情報へ戻る