駒門駐屯地創立58周年記念行事・前編



2018/4/1(日)、2012年以来となる6年ぶり3度目の駒門駐屯地創立58周年記念行事に行ってきました。

御殿場線の富士岡駅で下車、徒歩十数分で現地へ到着します。

到着してみると……すでに十数人が並んでます。

6年前はこっち側には全然人が並んでいなかったのに何事?

顔見知りが居たので聞いてみたところ駐車場側の門が混んでいたので車を置いてこっちに来たらしいです。

前は小さな駐屯地なのでそれなりの人数だったような気がしたんですけどね。




09:00に入場が開始されました。

手荷物検査を受けましたら式典会場のグラウンドへ直行、席を確保します。

過去二回は会場の右手側でしたので、今回は左手側に席を確保しました。

変に進行方向にこだわって観客の頭越しに見学するよりこっちの方が良いのかな?

なお本日の予定は下記の通りとなっておりました。

10:00〜 記念式典(観閲式)
11:00〜 音楽演奏
11:15〜 訓練展示
09:00〜14:00 装備品展示、模擬売店、ちびっ子広場、作品展、戦車体験試乗


席を確保後、装備品展示を見学しつつ駐屯地内を見て回ります。

16式機動戦闘車(量産車) 軽装甲機動車(海外派遣仕様)
96式装輪装甲車 87式警戒偵察車
81式短距離地対空誘導弾(短SAM) 93式近距離地対空誘導弾(近SAM)


駐屯地内の様子は大きくは変化無し、ただ六年前は工事中だった建物が完成してましたね(記憶なので曖昧)。


10:00頃に予定通りに記念式典が開始されました。

祝辞は駐屯地司令+五名と結構多めでしたね、前回はかなり少なかった記憶があるのですが。

やはりその年々や政治情勢に応じて変わってくるんでしょうね。

ちなみに結構風がありまして待っている間寒くて困りました、富士山山麓は天候が読みにくいですね。

観閲更新前に散水して埃対策をしてくれたのですが……ごらんのような車両だったので効果は薄かったです。

消防車使うとか、あとは除染車(駒門駐屯地には配備されてないと思うけど)あたりを使うと良いかな。









席を確保した時点でわかりきったことですが、観閲行進は目の前スタートでしたのでイマイチでしたね。


本来は駒門駐屯地創立記念行事初となる空挺降下が行われるはずでしたが強風で中止。

そのためスケジュールを飛ばして第一音楽隊による音楽演奏が行われたのでした。












後編へ続く


イベント情報へ戻る