春日井駐屯地創立51周年記念行事・後編




らっぱ吹奏
オートバイドリル
春日井三兄弟と春日井市のゆるキャラ道風くん
・春日井三兄弟
長男:春日井みはる(第10偵察隊)
次男:春日井こうじ(第10施設大隊)
長女:春日井まもり(第10後方支援連隊)

駐屯地のマスコットキャラだそうです。
通りであまり予算かけてなさそうな風体ですね。

・道風くん
「三跡」の一人である小野道風をモデルにした春日井市のマスコットキャラだそうな。



駐屯地スタンプラリーの宣伝してましたが子供向けなので大人は関係ないです。
訓練展示
(1)上空から偵察を行うOH-6D
(2)地上偵察の結果、道路破壊されていることを確認しました。
(3)道路修理を行うパケットローダー
(4)前進しさらに偵察を実行したところ敵勢力と遭遇、銃撃戦の後に撤退します。
(5)前進してきた攻撃部隊の軽装甲機動車が敵の攻撃によって撃破されてしまいました。
(6)この場には不参加の特科部隊による攻撃準備射撃後、96式装輪装甲車から下車した普通科が前進します。
(7)その間に動けなくなった軽装甲機動車の回収が行われています。
(8)負傷者が発生、救急車に乗せられ後方へと搬送されます。
(9)70式地雷原爆破装置を設置中、まさかこいつが訓練展示に参加とはうれしいですな。
(10)この間も戦闘は継続中です。
(11)軽装甲機動車の回収もあとちょっとです。
(12)70式地雷原爆破装置を発射、爆索で地雷原を処理します。今回はペットボトルロケットですけど。
(12)前進して敵陣地へ肉薄、残弾を確認し突撃準備を整えます。
(13)特科による攻撃支援射撃の後に
(14)普通科の突撃と
(15)車両の攻撃および突撃にて訓練展示は終了したのでした。




訓練展示が終わったら後はダッシュで体験試乗の会場へと向かいます。

お目当ては78式戦車回収車です。

他でやってるところも聞かないですし、74式戦車が退役したらもはや乗れる機会は無くなってしまいますからね。

弾薬庫の警備の様子を眺めながら待つ事約40分で78式戦車回収車に乗ることが出来ました。

一回につき10人ずつの体験試乗と言うことになるわけですな。

3 1/2tトラックと高機動車の体験試乗もやっており、こちらはタイミングによっては待ち時間無しの事も。

たいていは戦車回収車の体験試乗終了後に乗り込んでいる人が多かったです。

私もそうしましたしね。






この時に見たこれが珍しくて自衛隊の方に頼んで写真撮らせてもらいました。

さすが自衛隊、こんな便利な物を使っているのかと思いきや日本緑十字社製だったので民生品の転用かな?


正門側にあった用途廃止の61式戦車、74式戦車を見学後に










正門外から出ていたシャトルバスでJR春日井駅へ移動。

その後は鈍行電車を乗り継いで地元までの帰路についたのでした。










イベント情報へ戻る