春日井駐屯地創立51周年記念行事・前編




 2018/3/11(日)、春日井駐屯地創立51周年記念行事に行ってきました。

到着してから開門するまでの事はブログの方に結構詳しく書き込んだので割愛します。

08:45頃に手荷物検査を受けて入場しましたらひな壇上に席を確保しました。

最初は最上段に確保したのですがすぐに思い直して最前列へ変更です。

理由としては最後尾だと来賓席等が邪魔で思ったよりも見渡せなかったこと。

最前列と言っても相応の高さがあって十分式典会場が見渡せたからです。



さてこの日のスケジュールは下記のようになっておりました。

10:00〜10:45 創立記念式典(観閲式)
10:45〜10:55 らっぱ吹奏
10:55〜11:50 オートバイドリル&訓練展示
12:10〜13:40 祝賀会食

08:45〜14:45 装備品展示(第2〜第4展示会場)
12:10〜14:45 装備品展示(第1展示会場)
12:00〜14:45 装備品試乗(戦車回収車、高機動車、3 1/2tトラック)
08:45〜14:45 模擬売店、ポン菓子・スタンプラリー、作品・写真展、ゲームコーナー、エアー滑り台


とりあえず戦車回収車の体験試乗の位置を確認しつつ、装備品展示の見学を行います。

時間によって展示されていなかったりもしましたがその辺は無視してご紹介します。

第一会場
・人命救助システム
・70式地雷原爆破装置
関東ではほぼ見かけることの無いこいつが装備品展示に出ていました。

爆索の長さを聞いてみたところさすがに「機密です」ということで教えていただけませんでした。
・01式軽対戦車誘導弾 ・5.56mm機関銃MINIMI
・89式5.56mm小銃 ・12.7mm重機関銃(対空仕様)
・120mm迫撃砲RT ・高機動車
・87式警戒偵察車 ・82式指揮通信車
・除染車3形(B) ・化学防護車
・軽装甲機動車 ・偵察バイク
・96式装輪装甲車
第2展示会場
・野外入浴セット2型
・野外手術システム
・1t1/2救急車
第3展示会場
・渡河ボート
第4展示会場
・07式機動支援橋 ・油圧ショベル
・掩体掘削機 ・中型ドーザー

70式地雷原爆破装置以外はそんなに珍しくは無かったですね。



さて時間になりましたので記念式典が始まりました。

記念式典は特に代わり映えのしないよくある内容がほとんど。

国旗登壇前に国旗を降ろしていたのが見たことが無かったぐらいかな?

でその後は観閲行進となります。

第10後方支援連隊/第10施設大隊がいるのでその関係の車両が目立ちましたね。



後編へ続く


イベント情報へ戻る