明野駐屯地開設62周年・航空学校創立65周年記念行事・前編




 2017/11/4(土)、明野駐屯地開設62周年・航空学校創立65周年記念行事に行ってきました。

当初の予定では

11/04(土)   松山駐屯地創立62周年記念行事

11/05(日)   第13旅団創立18周年 海田市駐屯地創立67周年記念行事

と行くつもりでホテルも予約済み、高速バスも入金済みだったのですが約一ヶ月前にこれがパァに。

松山駐屯地は延期、海田市駐屯地は一般公開無しと行っても意味が無い状態に。

仕方が無くキャンセルし、急遽予定を見直した結果、同日日程で行われる明野駐屯地へ行くことにしたのです。

元々行く予定は立てていたので早まったって感じですね。



 伊勢市駅を最寄り駅とするホテルに宿泊していたので、朝早くにホテルをチェックアウトしたら徒歩で近鉄伊勢市駅へ移動。

始発は間に合わなかったので05:26近鉄山田線・伊勢中川行に乗車、明野駅で下車後は徒歩で明野駐屯地を目指します。

正直真っ暗で無事にたどり着く自信が無かったのですが、ほぼ同時に到着した下り電車からは多数の同類が降りてきたのでほっとしました。

明野駐屯地近くにあったファミリーマートで朝食を確保、行列の最後尾に並んだのですがもうかなり行列が伸びてましたね。

株式会社和菓子の万寿や株式会社伊勢萬の工場入口前でしたので距離的には130mぐらいだったかな?

その後、行列はどんどん伸びていき最後尾はもはやどこまで伸びていったのかわからないほど。

行列を見た何人もの人が「今年の行列は多い、長い」と言ってましたので多分例年よりも長かったんでしょうが、初めての私にはわからないです。



 08:00入場開始予定でしたが予定が少し早まり07:40過ぎに入場が開始されました。

手荷物検査を受けましたらまずは飛行場エリアに席を確保しに向かいます。

あいにくと会場の大半は招待客向けの席となっており最前列がクリアなのはその両脇に少しあるだけ。

そのスペースはすでに空いていなかったので立ち見前提で中央観閲台寄りの招待客の後ろに席を確保しました。

その後、本当はフライトシミュレーターに興味があったのですが、現場で見てみたら館山基地で見たのとは全く違う艦位的な物だったのでパス。

せっかくだからと言うことでCH-47J地上滑走整理券配布の行列に並びました。

試乗券配布は08:30からD格納庫前で先着1000名まででしたが無事に入手する事が出来ましたので、その後は時間まで地上展示機の見学です。

陸上自衛隊 UH-60JA#43109 陸上自衛隊 TH-480B#62356
陸上自衛隊 AH-64D#74511 陸上自衛隊 AH-1S#73482
陸上自衛隊 OH-6D#31312 陸上自衛隊 OH-1#32601
陸上自衛隊 OH-1#32622 三重県警A109E JA06ME いせ
海上保安庁 AW139 MH-960 かみたか1号 陸上自衛隊 82式指揮通信車#25-1444
陸上自衛隊 軽装甲機動車#05-2868 陸上自衛隊 救難消防車TB型




イベント会場に置いてあったコメガ(試作1号機)。

乗員 1名
全幅 1.80m(胴0.9m)
全長 3.60m
全高 1.80m
ローター直径 1.90m
製作 飛行実験隊           
最大全備重量        80kgぐらい
最大速度 60km/hぐらい   
航続距離 100kmぐらい
備考 飛べません。
結構古いのかエッジが欠け欠けなのが残念なところ。

そして最大速度60km/hぐらいってそんなに出して大丈夫なんだろうか?

そんなに出すとローターが吹っ飛びそうで怖いわ(笑)。








厚生センターに行き昼食を確保後、航空記念館へ見学へ。

加藤建夫少将木像の本日限りの里帰りとかで目立つように展示されてました。

ただ日本陸軍戦闘機パイロットのメッカである明野なのだから、他のエースパイロットももっと取り上げて欲しかったなと思いましたね。

見学終了後、確保しておいた席に戻りプログラムが開始されるのを待ちます。

音楽隊演奏(第10音楽隊)
航空自衛隊飛行展示(T-4)
祝賀飛行(離陸)
追悼飛行(ミッシングマンフォーメーション)
5月15日に発生したLR-2墜落事故の追悼飛行(ミッシングマンフォーメーション)だそうです。

私は航空ショー系への参加頻度は低いので今回始めてみましたが、このようなことが行われているのを知りませんでした。

まあ正直知らないぐらい行われない方が絶対に良いよね。

今年は陸・海・空すべてで墜落事故があり自衛官の犠牲が出ていますが、もうこれ以上は起こって欲しくない物ですね。









中編へ続く


イベント情報へ戻る