第1空挺団創立59周年・習志野駐屯地創設66周年記念行事



2017/4/2(日)、七年ぶり二度目となります習志野駐屯地創立記念行事に行ってきました。

2010年に来たときは一般開放のみで何にもやらなかったんですよね。

そのためもう一度再訪問は考えていたのですが、4月第一日曜日は関東地方でのイベントは盛りだくさん。

そのため7年ぶりの訪問となったわけです、まあ訓練展示もしないし優先度が低かったんですな。



そんなに混まないだろうという予想の元、4/1の新町行きよりより一時間遅れで家を出発。

津田沼駅からのバスで到着したのが07:35頃でしたがなんと先客が一人居てびっくりでしたわ。

さらにバスが来るたびに行列が伸びていきます。

そのうちに自衛隊の方が「ここから4列になって並んでください」と前に詰める始末。

09:00までには目測で50人を突破、行列を前に詰めてもなお歩道に行列がはみ出る始末。

人のことは言えないけど内容を知った上で来ているんだろうか?

自衛隊の予想以上だったんでしょうね、結局予定を早めて09:15に開門となりましたわ。

手荷物検査を受けて入場後は式典会場目指して進みますが、なんせ習志野駐屯地は詳しくないので人の後をついて行きました。

歩いている内に前回訪問時の様子を何となく思い出してきましたけど、初めての場所で先頭だと戸惑ってしまいますね。



ひな壇(スタンド)が構築されており、観閲台一番右側の「く」が一般者向けだったのでこちらの最上段に席を確保。

ただし招待席と一般席の区切りがわかりづらかったのはマイナス点かな。

最初の内は間違って招待席の方に人が座ろうとしてましたからね。

後になって追い出されても困るだけだし、最初からわかりやすくしてあると良いのですが。



無事に席も確保出来たことですし時間まで見学して回ることにします。

開門が45分早まったのでその分ゆっくり見学出来るのが良いですね。


なんか変わった車両が居るなと調べてみたら「94式除染装置」でした。

除染車3形より小さなと思ったらこんな装備品があったんですね。

しかもずいぶんと前から、知らなかったというか気がつかなかったです。









そして装備品展示です。

PAC3
偵察バイク 1/2tトラック
軽装甲機動車 高機動車
81mm迫撃砲L16 120mm重迫撃砲RT

全く珍しい物は展示されておりませんでしたね。

そして記念式典の準備中の空挺団員。

指揮官から「昨夜酒飲んだやつは居ないか?気分が悪くなったらその場でしゃがみ込むんだぞ」って第1空挺団でもそんな人居るのかなと思いましたが、

幸いこの後の記念式典で第一空挺団にあるまじきそんな人は見かけずに済みました。

やはり第一空挺団は精鋭無比、過酷な現場でも大丈夫であるというのを望んでしまいますので期待を裏切らず良かったです。

10:20頃、自席に戻って式典開始を待っていたところ装備品展示の会場になにやらゆるキャラぽいのを発見。

第1高射群のパックさん4兄弟、その中の「A子」だそうです。

他の3キャラはこの日参加していたんだろうか?









時間になりましたので会場へ入場開始です。空挺団のヘルメットとマフラーは実によく目立ちますね。

そして記念式典が始まります。

記念式典はごく普通の内容でしたと言いたいですがちょっとだけ違ってました。

団長の祝辞が「隊員にはいつも言ってるので今回はお客様に」と隊員に背を向けて行うとか始めてみたかも。

一応最後に隊員に向けてもしゃべっていたけど恐ろしく短かったですよ。

そして野田前総理大臣を初めとする来賓の国会議員などの祝辞が8名とか過去最高記録かもしれませんね。

それにしても野田さん、元総理じゃ無くて前総理なのか。

辞任から4〜5年ほど経つけどその後の総理が安部さんだけだから間違いないんだが違和感を感じるね、前総理は。


空挺士魂太鼓演奏
東部方面音楽隊の演奏にあわせての自由降下展示
体操みたいなの
ラグビー
お昼ご飯後に相撲を見学、その後に撤収したのでした。

観閲行進が見られなかったことも有り、また時間をあけて来てみようかと考えてます。


イベント情報へ戻る