木更津駐屯地創立48周年記念行事・第44回木更津航空祭
後編




式典開始前に参加部隊が準備のために飛び立ちました。

それに合わせて私も確保しておいた席へと戻ります。

とはいえその位置から式典の様子は全く見えないので移動することに。









UH-60JAが式典会場正面に着陸。

中から駐屯地司令、衆議院議員 浜田 靖一、参議院議員 佐藤正久、自衛隊協力会会長だか四名が出てきました。

前回の2012年の時は車で会場に乗り付けていたんですけどね。

久しぶりの木更津駐屯地はすっかり変わっていて式典の流れがさっぱりわからん。

2008年、2012年、2017年とこうも内容が違うのは新鮮みがあって良いですね。


祝辞や来賓者紹介など式典そのものはまあ普通だね。

ただし参加隊員が全く居ないのは陸上自衛隊としては相当珍しい形だと思います。中央即応連隊以来か?
「君が代」の独唱もまた珍しいと思うが、この方が良いと思うので問題なし。


東部方面音楽隊の音楽演奏。

ここから先は式典会場は見えなくても耳で聞こえるからいいやと確保していた席に戻ります。










そのため太鼓演奏とらっぱ吹奏はかなり見にくかったけど、音楽は写真に撮る物では無く聞くものだから問題なしですな。


スピーカーの音がさっぱり聞こえなかったので多分だけど祝賀編隊飛行上空通過。
たぶん航空機紹介。
たぶん訓練展示。



訓練展示終了後、アクアラインの渋滞を警戒しお昼ご飯も食べずに撤収したのでした。

この時間ならまだ渋滞にはなってなかったけど、結局はどうなったんだろうかね?


イベント情報へ戻る