第12旅団創立15周年・相馬原駐屯地創設57周年記念行事




2016/4/9(土)、6年ぶり二度目となる第12旅団創立15周年・相馬原駐屯地創設57周年記念行事に行ってきました。

交通手段についてはブログに記載しているので割愛するとして、式典会場である相馬原飛行場に到着したのは09:00頃。

当然ですがこの時間ではもうろくな席は確保不可能です。

とりあえず最初は観閲台左側の前から4〜5番目に席を確保したのでした。

この日のスケジュールは以下の通りとなっておりました。

観閲式 10:00〜11:20
訓練展示 11:20〜11:50
戦車・高機動車試乗       09:00〜14:30       
ヘリ地上滑走 13:00〜14:30
装備品展示 12:15〜14:30
野外売店 08:00〜14:30

翌日のスケジュールに関連するため、かろうじて装備品展示をちょっとだけ見られるぐらいかな。

09:40頃に式典会場である滑走路上に参加部隊が入場してきました。

ちなみに入場が終わったら、入場用に確保されていたスペースは見学席に早変わり。

知っていればそこで待っていたのに……なんせ六年ぶり二度目なのでわかるはずもありません。



で記念式典が開始されました。

私が確保した席の少し前にスペースがありましたが立って見学しようと考えていたので、遠慮してそのスペースはわざと空けておいたのですよ。

ところがこれが大失敗、あとでそのスペースに入り込んだ人は遠慮無く立ち見してくれやがりましたのでまったく見えない結果に。

性善説に頼った私が馬鹿だったんですな、この件で次からは遠慮しないでめいいっぱい前に詰めようと思いましたね。

まあそんなわけでこのままでは観閲行進は良いとしても訓練展示もまともに見る事が出来そうにありません。

前回にはなかった500mmレンズに頼ろうと確保した席は断念、離れた位置に席を確保しようと場所を物色します。

理想的には土手の上なんか良さそうでしたが、危険回避のためと思われますが自衛隊の人に排除された模様。

まあ急斜面なので無理もないか、でもあの位置は結構心が惹かれましたね。

で結局、会場外の手荷物検査場の近くから見学する事にしました。とはいってもかなり離れておりイマイチでしたけど仕方がない。

そして見学した観閲行進がこちら。

移動前よりはだいぶマシかと思います、これなら初めから正面にこだわらない方が良かったかも。

OH-6D×1・UH-60JA×3・CH-47J?×3の観閲飛行も行われたのでした。













パラシュート降下の実演。

CH-47Jから4名が降下、滑走路上に降り立ったのでした。










たぶんオートバイドリル、なんせスピーカーが近くにないので何やってるのかわからん。

さすがにこの距離でオートバイサイズは小さすぎてわかりづらかったです。

そして訓練展示ですが、これまた何をやってるのかわかりません、まあ動きから予想は付くんですけどね。

訓練展示終了後、装備品展示を待ちましたが時間通りに始まりません。

やもえず準備中の様子だけ見て撤収したのでした。

本命は翌日の船越駐屯地でしたが、それにしても不満の残る相馬原駐屯地になってしまいましたね。

やはり交通の便が悪すぎて、公共交通機関での訪問は駄目駄目ですな。


イベント情報へ戻る