平成27年度自衛隊観艦式 艦内一般公開・後編




FFH-153 スチュアート

一般公開されている四隻の見学を終えましたら、ちょうど入港してきた豪海軍のフリゲート FFH-153 スチュアートを見学する事に。

この日は一般公開されていませんでしたが、10/17(土)に

 豪フリゲート STUART(スチュアート、FFH-153、アンザック級フリゲート4番艦)
 仏フリゲート VENDEMIAIRE(ヴァンデミエール、F-734、フロレアル級フリゲート5番艦)
 印フリゲート SAHYADRI(サヒャディ、F-49、シヴァリク級フリゲート3番艦)
 韓駆逐艦   大祚栄(デ・ジョヨン、DDH-977、李舜臣級駆逐艦3番艦)

の一般公開が行われたらしいです。

生憎と遠征で出雲に行っていたので私は見学出来ませんでしたけどね。

ねずみ返しを付けているところは初めて見ましたよ、すでに装着済みなのは見た事ありますけど。

ちなみに海上自衛隊も一応使うことは使うそうです。

ただし基本的には海外でのみ使用し、国内では使用することがないんだとか。

この事は6/6の晴海埠頭で行われたトルコ海軍フリゲートTCGゲディズの一般公開の際に

護衛艦たかなみの乗員から聞いた物です。




水を入れた袋を使って何しているんだろう?

私ごときの英語では質問すら出来ないので、側にいた海上自衛官の人に聞いてみたところ

「何か液体がこぼれないよう塞いでいるんじゃないのかな?」との事。

なるほど、甲板から汚水や燃料と言った液体が海に流れ込まないようにしているというわけですか。

本当かはわかりませんけどすごく納得できました。




来た時はヘリ甲板上にあったヘリコプターは格納庫に収納済みでしたが、食料品の積み込みを行ってました。

ベルトコンベアみたいなので一気に積み込むと思っていたので意外ですね。

ちなみに自衛官に聞いてみたところ海上自衛隊でも同じように積み込むと仰っておりました。











そして一般公開はされていませんが、停泊中の艦艇です。

DD-107 いかづち くらま/おおなみ/いかづち
はしだて/えんしゅう くまたか?/おおたか/しらたか?

DDH-144 くらまはこれで見納めかな?初めて見た2006年も同じ場所に停泊していましたっけ。

次の観艦式の時にはDDH-184 かがが就役して、くらまは退役済みなんでしょうな。




横須賀での見学を終えましたら次の目的地である横浜へ移動することにします。

なおこの段階でまだ入場待ちの行列は絶えていませんでした。

本当に昔に比べて人が増えましたね、困った物です。



とりあえず横須賀駅→大船駅→横浜駅→桜木町駅と電車を乗り換え、後は徒歩で横浜新港へ。

ここ横浜新港ではASR-403 ちはや/ATS-4202 くろべの二隻が一般公開されておりました。



ASR-403 ちはや

ちはやは何度か見学経験があるので、退役前にAS-405ちよだを見学したいものです。

ちよだは横須賀を根拠地とする第2潜水艦群に配備されているのに何で見学する機会に恵まれないのかな?

すでに後継艦の予算が通っているとの事ですし、どこか行ける範囲で一般公開して欲しいな。



ATS-4202 くろべ

てんりゅうは前回の観艦式に乗艦していたので、このくろべもいつか見学したかったのですがようやくと適いました。

残念ながら甲板上をぐるっと回るだけで艦内は全然見学出来ませんでしたけどね。



LST-4001 おおすみ/AOE-425 ましゅう DDH-183 いずも
横浜会場防災基地から見た大桟橋に停泊中のいずも、どう見ても航空母艦に見えますね。

この日、いずもも一般公開してましたがすでに二回見学しているしパスしました。

それよりも「海上保安フェスタ2015in横浜」をやっていたこともあり、久しぶりに海上保安庁の見学しましたわ。
PL31いず/PL66しきね PLH31 しきしま




これにて今回の観艦式は私にとっては終了したのでした。

今回は残念ながら外れてしまって参加ならずでしたが、次回は是非とも当選して欲しい物です。


イベント情報へ戻る