大宮駐屯地創立58周年記念行事・後編




さていよいよ訓練展示です。

今回の訓練展示は珍しく、というか私にとっては初めてになりますが二本立てです。

というわけでまずは中央特殊武器防護隊による除染作業の訓練展示です。

(1)運送業者に成りすましたゲリラが、産業毒性物質を搭載した大型タンク車で重要防御施設内へ侵入します。
(2)大量の産業毒性物質をまき散らし、施設内から逃走するゲリラ。
(3)NBC警報機による通報でサイレンを鳴り響かせてNBC偵察車が施設内へと駆けつけてきます。
(4)NBC偵察車が有毒物質の成分などを分析します。
(5)汚染エリアを示す目印。
(6)最後に汚染地域を除染、中央特殊武器防護隊の訓練展示は終了したのでした。
重要地域にあっさり進入されたあげく、逃走を許してしまったのは特に触れずにスルーされたのがあれかな。

せっかくなのだから取り押さえる所ぐらいはやって欲しかったかも。




二回目の訓練展示は第32普通科連隊による戦闘訓練になります。

二回目の訓練展示の準備中、やはり二回目の音楽演奏が行われていました。




(1)ラッパの音で訓練展示が開始されました。
(2)偵察バイクによる敵情偵察
その際、わざわざ「広域多目的無線機」の説明を組み込んでおりましたわ。
(3)姿は見えませんでしたが迫撃砲などによる支援射撃
(4)MINIMIで射撃を実行する軽装甲機動車
(5)場所が場所だけに全然隠れることが出来ていない狙撃手。
(6)敵側に装甲車が出現です。
(7)軽装甲機動車が1両、敵の攻撃でやられてしまいました。中の人はぴんぴんしていたようですが。
(8)01式軽対戦車誘導弾の攻撃で敵装甲車を撃破です。
この攻撃はペットボトルロケット弾みたいなので再現してました、こういう工夫はどんどんやって欲しい物ですね。
(9)敵陣地へ攻撃を加えます。
(10)最後に敵陣地へ突撃を敢行し、戦闘訓練は終了となったのでした。

今回行われた訓練展示二本立ては去年が荒天行事だったからなのか、今後はずっと行ってくれるのか?

ずっと行ってくれるならばこの流れは二部隊以上に部隊が駐屯している駐屯地へ広がって欲しいものですね。


イベント情報へ戻る