YOKOSUKA軍港めぐり




6年ぶりとなるYOKOSUKA軍港めぐりに参加してきました。

前回の2009年の時はDDH-181ひゅうがの初公開の時でしたが、今回は

「横須賀と海の防人の伝統を考えるシンポジウム」のついでになります。

昔と違って最近の軍港めぐりは人が多いので事前に予約を取っておきましたが、

それでも確保できたのは12:00便でしたよ。

今、見返してみたら前回も同じ12:00便だったんですね。

値段は1200円から1400円に値上がりしてました。





12:00の五分ほど前に乗船開始となりましたので、二階の右舷側に席を確保し見学することにします。

米軍の支援船APL40、が停泊しているはずの場所ですが居ませんでした。
DS-02。米海軍艦船修理廠の水中作業支援船とすれ違いしました。
YT-807メノミニー/YT-805セミノール。米海軍曳船ですが名前が付いているんですね。
DDG-63ステザムは工事中で足場に取り囲まれておりました。
潜水艦(そうりゅう型×1、おやしお型×2)は型名はわかっても艦名はわからないね。
DDG-85マッキャンベル/DDG-89ラッセン CG-54アンティータム
DDG-54カーティス・ウィルバー YR-95/YR-96
CVN-73ジョージ・ワシントン。5/18に横須賀を発ったのでこれが最後のGWの姿かな。
米海軍潜水艦 支援船APL40はこんな所にいました。
さてここからは長浦港になりますね。
AGS-5105にちなん
MST-463うらが LCU-2002輸送艇2号
AGS-5103すま MSC-605ちちじま
退役潜水艦 MSO-302つしま
YDT03水中処分母船3号 AMS-4305えんしゅう
ASE-6102あすか/DD-125さわゆき(退役) DD-111おおなみ/DD-114すずなみ
DDH-183いずも

いずれ呉や舞鶴のも乗って見学してみたい物ですがいつになる事やら?


イベント情報へ戻る