滝ヶ原駐屯地創立41周年記念行事・後編




さて訓練展示が始まります。

今回は珍しく敵のヘリボーン攻撃への対処と言うことで防御から始まります。

(1)最初から展開済みの120mm重迫撃砲が敵陣地へ砲撃開始しました。
(2)敵ヘリコプターによる偵察
(3)敵ヘリコプターに発見されたと判断、120mm迫撃砲は陣地転換を行います。
(4)敵がリペリングで降下してきました。
(5)偵察バイクで敵情偵察を行います。
(6)着陸したヘリコプターから敵がワラワラと飛び出してきました。
(7)それに対して軽装甲機動車から下車、敵と交戦を開始します。
(8)軽装甲機動車からもMINIMIで銃撃を浴びせるのですがジャムったらしくフィード・カバーを開けて何かしてました。
(9)敵も盛んに攻撃を加えてきます。
(10)83式地雷敷設装置による対戦車地雷の敷設、敵に戦車は居ないけどね(笑)。
(11)その間も銃撃戦は続行中。
(12)負傷者が発生したため応急手当てした後に後送します。
(13)この時、敵側でも同じように負傷者の治療と後送を行っていたようです。
(14)74式戦車と89式装甲戦闘車が進入してきました。
(15)そのまま敵に対して攻撃を加えます。
(16)最後に普通科隊員が突撃を敢行して訓練展示は終了したのでした。




訓練展示後、お昼ご飯を食べに厚生センター(PX)へ向かう途中でこんなのを見ました。

これも交戦訓練教材(バトラー)なんですかね?高機動車に乗っけているのは初めて見たかも。



そして敵役を務めた隊員さんたちを間近に見る事が出来たのでした。

なんせ左側の方にはやってこなかったから遠目にしか見えませんでしたからね。



見学を終えた後は岐路についたわけですが、朝から多かったように帰りのバスも人がいっぱいで乗り切れず。

結局途中まで歩いて、途中のバス停で次のバスに乗って御殿場駅まで出ましたよ。

滝ヶ原駐屯地も臨時バスを出すようにして欲しいものですな。


イベント情報へ戻る