護衛艦「いずも」特別公開




2015/4/11(土)、護衛艦「いずも」特別公開に行ってきました。

DDH-183いずもは3/25に就役したばかりの出来たてホヤホヤです。

ただ昨今の自衛隊人気の影響のために普通の一般公開ではなく事前応募で当選した人だけが見学できるという物。

幸いなことに応募したものが当選したしたため、今回久しぶりに横須賀へ出向いたわけです。



そういえば就役したばかりのDDH-181ひゅうがの一般公開も同じ時期に行ったけど。

調べ直してみたらあれからもう六年も経っていたんですね。

あの時は新鋭艦だったひゅうがも今は舞鶴に転属しちゃいましたからね。






横須賀駅を出たらまっすぐ海上自衛隊横須賀地方総監部へと向かいます。

するとすでに門が開いており、自衛隊の方が準備中でした。

「入って良いのか?」と聞いてみると中に入って待ってくださいと言うことだったので先に進み、

手荷物検査場の目の前まで進んでここで待つ事になりました。

先頭から数えて20〜30人目ぐらいかな?

とりあえず雨がずっと降っていたのでポンチョを着込んで時間まで待つ事にします。

08:30頃に手荷物検査を受けたらいずものサイドランプ手前まで移動。

そこで特別公開準備が終わるまで待つ事になりました。

ひゅうが型護衛艦のサイドランプと違い、車両も出入りできるであろうしっかりした物でした。

やはりこの辺を見るといずも型は多目的用途のヘリコプター護衛艦であって、

航空母艦としては設計されていないのがわかりますね。







さて09:00過ぎにようやくといずも艦内に上がることが出来ましたので見学することにします。

まずはヘリ格納庫内の様子からご紹介します。

格納庫内には防火シャッターが二カ所設置されていました。
サイドエレベーターのシャッターは横開き式でした。

シャッターと言えば上下と思い込んでましたがこっちの方が明らかに良いですよね。
ひゅうが型がこの位置に揚弾用エレベーターが設置されていたので、いずも型もここにあるのかなと思ったり。

格納庫内ではお土産販売が行われていましたが私は興味がないのでパス、エレベーターでヘリ甲板へと上がります。

エレベーター第一便で上がったので人が少なかったのが助かりましたわ。

サイドエレベーターにはSH-60Jが駐機しており、動かすことはありませんでした。
ひゅうが型と同じならこの下に揚弾用エレベーターがあり、短魚雷などはここから取り出すはず。

いずも型も同じなんですかね?自衛官の人に聞きたかったのですがあいている人がいなかったため確認出来ず。

雨がずっと降っていたのが残念でしたね。ちなみにこの後の便では雨が上がっていたようです。

さて館内見学を終えたら外観をゆっくり見学し直します。

雨が降っていたしすぐに次が控えていたこともあり、速やかに撤収したのでした。

ひゅうが型護衛艦も大きいと思いましたがいずも型がもっと大きく感じましたね。

2015年観艦式に多分参加するのでそこで是非とも見てみたい物ですね。当選すればですが……。


イベント情報へ戻る