小月スウェルフェスタ2014・後編




さていよいよT-5飛行展示が始まります。

ジェット機と違ってプロペラ機なので速度が遅くてカメラで追いやすくて良いですね。

エンジンの音など迫力は劣りますがジェット機と見所が違っていてこれはこれで良いですな。



10:00から操縦訓練装置搭乗(シミュレーター)の時間です。

「搭乗時間の10分前には、必ずお越しください」となっているのでT-5の飛行展示は途中で切り上げて

操縦訓練行動へと移動します。

その際にこの後予定されていたファンシードリルを行う学生隊を見かけましたがパスです。

なんせ午後にまたT-5の飛行展示もファンシードリルも行われるので気にしなくて済むのが助かります。




ちょうど小月基地上空を飛ばすような感じになったのですが三分間は短すぎですね。

水平旋回をかろうじて行えただけでしたわ。

次の人が宙返りをやっているのを見て「私もやってみれば良かった」と思いましたよ。

「橋の下をくぐるとか出来ますか?」って聞いてみたら多分出来るという話でしたが訓練中に行ったら怒られそうね。

15分ぐらいは時間が欲しいかな、まあ理想は体験飛行の方が良いに決まってますけどね。




その後は早めにお昼ご飯を確保がてら、佐世保音楽隊の音楽演奏を鑑賞してきました。

早めに到着したので長府高校吹奏楽部の演奏も一緒に聴きましたわ。

今年は佐世保に行っているのに佐世保音楽隊の演奏は聴きませんでした。

にもかかわらず呉に近いここ小月航空基地で聞くというのは何とも不思議ですな。









そして午後のT-5飛行展示が開始されました。

基本的には午前中と同じフライトを行ったようです。

午前中は後半移動で見ていなかったので、今回はしっかり見させていただきました。

とはいえ同じ事を繰り返すのはイマイチですね、別の機体による飛行展示や違う内容のものを見たかったかも。




続いてやはり午前中に見落としたファンシードリルです。
高等工科学校(少年工科学校)、防衛大学校、陸上自衛隊航空学校宇都宮校に次いで四つめのドリル隊です。

他にもファンシードリルやってる所はあるのでしょうかね?

さて帰りの飛行機に間に合うためのバスの時間の都合でここで撤収することになります。

その前に
厚生センター前の広場?に展示してあった用途廃止機などを見てから岐路に付いたのでした。




後は行きと逆のバスで小月駅へ、その後はJR山陽本線で草江駅へ移動。

徒歩で山口宇部空港へ移動、飛行機で羽田空港へ、そして電車とバスを乗り継いで帰宅したのでした。


イベント情報へ戻る