対馬駐屯地創立34周年記念行事
装備品展示編




市中パレードが終了しましたら再び歩いて対馬駐屯というか対馬訓練場へと向かいます。

到着したらまず戦車体験試乗の整理券をもらい、それから装備品展示を見学です。

高機動車 120mm迫撃砲RT
96式装輪装甲車 82式指揮通信車
OH-6D UH-1J
地対空誘導弾改良ホーク 中距離多目的誘導弾

どれも模擬戦闘訓練や市中パレードに参加した車両なんですけどね。

その後は74式戦車&軽装甲機動車の体験試乗です。

戦車の体験試乗は整理番号順だったのですが、呼んでも呼んでも

その番号の人が来ない為にスキップしなくてはいけない羽目に

なりましてそのうちに「整理券配った分が終わったら先着順にしよう」と

自衛隊の方が話しているのが聞こえましたよ。

ちなみに私がもらった整理券は「44」でしたのでちゃんとそれに合わせて待ってましたよ。




軽装甲機動車の体験試乗は並んだ順、でしたがさほど並んでいる人はいませんでした。

みんな74式戦車に方に並んでいたからね。

一人小さな子どもが発達障害か知的障害かはわからんですが、親の制止を振り切って

順番無視して乗り込んでいましたがあれはいただけませんね。

将来が不安ぷんぷんです、子どもがどうであれ親は責任もって管理しないとね。

あと自衛隊の人も乗せちゃわないで注意して欲しかったですな、子どものためにもね。




そして今度は駐屯地内見学を行うことにします。

これが対馬駐屯地の敷地内の建物の配列です。

何か余計なことを行うようなスペースはこれっぽっちもありませんね。

これは訓練場で式典や模擬戦闘訓練や装備品展示を行う訳ですわ。







建物名は付いてませんでしたが消防車停車場。

前日に下見に来た時はここで78式戦車回収車が止まってました。

それだけでなく、自前のクレーンで排土板をぶら下げて取り付け中でした。

珍しい光景だったので写真撮影したかったのですが、解放日でもないのに駐屯地の外から

中を撮影するのは駄目だろうと言うことで諦めました。





厚生センター
ここでお昼ご飯を、と期待していたのですがお弁当やパンの類は何もなかったので諦めました。

離島ではなかなかそういう物を取り扱うのは難しいみたいですね。

ちなみにこの建物内には対馬の国防関係の資料が展示されておりました。
生活隊舎。

ポップコーンの無料配布を行っておりましたが、子どもではないので手は出しませんでした。

お昼ご飯を食べていなかったのでお腹空いてたんですけど、まあ当然だよね。








こども広場。

広場と行ってもさほど広い場所ではなく、倉庫というか車庫を利用したような感じでしたね。

記念撮影用のバイクはいざ知らず、軽装甲機動車はどかした方が良かったかも。

小学生以下のお子様と保護者ぐらいしか見かけませんでしたね。






1号隊舎。

でも2号庁舎はありません(笑)。

トイレはこちらでしたが利用していないので中には入っておりません。
祝賀会場である体育館。

何か外壁工事中でしたが中は問題なかったんでしょうな。

一般客である私は近寄りもしませんでした。








対州馬展示です、乗ってみたかったですが、子ども向けぽかったので断念です。

ちなみにこの子の名前は「高姫」らしいです、webで見つけました。

この日のホテルが取れていれば10/19(日)に目保呂ダム馬事公園にて開催の初午祭へ行くのも検討していたんですよね。
ただ対州馬よりも歩哨が二人立っていたこっちの方が気になりました。

これだけ警備厳重ということは弾薬庫か何かなんですかね?

一般的な陸上自衛隊の駐屯地では見かけないだけに気になりますな。








本部隊舎です、こちらもトイレで解放してましたが利用していないので足を踏み入れておりません。
他に出入りできる門はありませんでしたが、正門より離脱。

再び徒歩で帰りのフェリーに間に合うように岐路へ付いたのでした。











イベント情報へ戻る