対馬駐屯地創立34周年記念行事
式典編




2014/10/16(木)〜2014/10/20(日)にかけて対馬遠征に行ってきました。

まあ四日間フルに対馬にいたわけではなく、その内の二日間だけなんですけどね。

お目当ては2014/10/18(土)に行われます「対馬駐屯地創立34周年記念行事」です。

前日の10/17(金)朝にフェリーで対馬に上陸、ホテルに一泊して朝から速やかに行動できるようにしたわけです。



朝、起床してからホテルの近くのコンビニに朝食を買いに出たところ妙に聞き覚えのあるエンジン音が聞こえてきたので周囲を見渡したところ、

対馬市交流センター前の道路を74式戦車と78式戦車回収車と73式小型トラックが走り去っていくのが路地の隙間から見ることが出来ました。

本日この後に行われる市中パレードのテスト走行か何かなんですかね?

カメラも持っていませんでしたし、そもそも一瞬のことだったので写真撮影出来ませんでしたが知っていれば待ち構えていたんですけどね。



朝食を済ませたら早速にチェックアウト、対馬駐屯地へ向かうためにバス停へ行くと自衛隊の人がパレードの準備中でした。

ずいぶんと早くから準備を開始するんですな、新発田駐屯地の時は1〜2時間前から始めていたんですけどね。

さてやってきたバスに乗って対馬駐屯地へと向かいます、なお最寄りのバス停は「税務署前」です。

私は勘違いしておりまして一つ手前のバス停で降りてしまったので余分に歩く羽目になりましたが、むろん普通に歩いていける距離です。

体力温存のためにバスを使用しただけですね。



バス停を降りましたら前日下見していた通りに対馬駐屯地へと歩いて向かいます。

ちなみに対馬駐屯地は桟原城または桟原館の跡地だったりします、石垣はその名残でしょうかね?

到着してみると本土のイベントであればすでに行列が出来ているかと思われますが、ここ対馬駐屯地には誰も並んでおりません。

お仕事の邪魔にならない程度に警備中の自衛官の方と情報収集して待っていたところ、記念式典はこの門の右手の対馬訓練場で行われるとの事。

しかも「まだ準備中ですけど入れますよ」と言うことだったのでそっちへ移動することにします。

確かにまだ準備中で自衛隊の方の出入りがありましたが、タイミングを見計らって「席取りしても構わないか?」と聞いたところ構わないとの事。

訓練展示がどのように行われるかを聞いてから会場左手側に席を確保して時間まで待つことにします。



自作してみた会場図がこちらです。

観閲台の左側に横20列×5、右側に横40列×5、合計で300席が用意されておりました。

ちなみに左右どちらも前3列が招待客用、後2列が一般客用に割り振られておりました。

会場左側の駐車場は自衛隊車両の駐車場で、招待客用の駐車場はどのように行くかはわかりませんが、この図の

下側にあたる一段低くなったところに止めていたようです。

ちなみに訓練展示は右側から左側に展開すると言うことだったので、「×」の所に席を確保しておきました。




さて受付で頂いた案内によるとスケジュールは以下の通りと記載されておりました。

<<記念式典(訓練場)>> 09:30〜
09:30〜09:50 記念式典
09:50〜10:00 音楽演奏
10:00〜10:10 オートバイドリル
10:10〜10:20 格闘展示
10:20〜10:40 模擬戦闘訓練展示

<<市中パレード>> 11:45〜

<<駐屯地内での催し>> 09:00〜15:00
09:00〜15:00 こども広場
14:00〜15:00 対州馬展示
12:30〜14:30 祝賀会食(招待者のみ)

<<訓練場での催し>> 13:00〜15:00
戦車試乗
装備品展示




08:00過ぎに消防車がやってきて、訓練場に水まきを開始しました、まあ埃対策ですね。

タンクが空になったら消火栓から水を補給して、水まきを繰り返します。
観閲台、見学席間近の所に水まきするところで問題が発生してしましました。
同じタイミングでどの席に誰が座るのかという名札を貼り付けていたのに、このような散水だったので

席が濡れてしまい「散水止めろ!」と怒られてましたわ。

まあこの時間に散水開始を指示した上司に問題があるだろ、という結論になってましたけどね。




その後は式典開始の本当にギリギリまで偵察バイクが予行練習を繰り返していました。




そして09:30から予定通りに対馬駐屯地創立34周年記念行事が開始されました。

とはいえ大半は招待客で一般客はあまり居ません。

そして私のようなマニアもほぼ姿を見ません。

全く居ないわけではないですが地元の人だったのか遠征してきたのやら?

webで検索してもパレードぐらいしか出てきませんでしたし、やはりここまで遠征する人は少ないんでしょうな。

博多を深夜発のフェリーと15:30頃のフェリーを使えば日帰りできなくもないんですけどね。



記念式典そのものは本土で行われる他の駐屯地の物とほぼ同じ内容でした。

ただ来賓の挨拶が市長の代理の副市長一人ですぐに終わったのはありがたいですね。

他の駐屯地も挨拶を絞ってくれればうれしいんですけどね。


10:15頃から音楽演奏です。
そして10:30頃に太鼓演奏です。
そして10:40頃から格闘展示です。




予定には記載されていましたがオートバイドリルは行われませんでした。

それとも模擬戦闘訓練に組み込んでしまったのかな?



模擬戦闘訓練編


イベント情報へ戻る