キャンプ富士フレンドシップ・フェスティバル 2014・前編




 2014/5/10(土)、4年ぶり4度目となる「キャンプ富士フレンドシップフェスティバル 2014」に行ってきました。

 滝ヶ原駐屯地およびキャンプ富士に行く時の恒例で「滝ヶ原自衛隊」一つ手前の「滝ヶ原」バス停で下車。

歩いてキャンプ富士のゲートへと向かったのですが、その際に徒歩なのに「滝ヶ原自衛隊」で降りた人全員追い抜いて一番に到着しちゃいましたよ。

歩く速度に自信はあったのですがまさかこれほどとは(笑)。

すでに車は並んでいたようですが、バス組はこれが第一便だったようでまだ誰も並んでいませんでした。

警備員の方にどのように並んだらいいか質問したところ、「ゲート外に並んでください」とのことだったのでこの位置から並び始めたわけです。

ちなみに到着したのは08:30頃、事前に公開されていた開放時間は11:00という事で時間はたっぷりありますから本を読みながら待つ事に。

 並び始めたことはまだ車の待ち列は見えない状態だったので、このゲートから入ろうとする一般車両が多々見受けられました。

その都度、警備の人が説明していましたがそのうちにゲートを半分閉めてしまい、ようやくと間違えて入ってくる車両が居なくなりましたね。

そして今度は車の待ち列がすごいことになっていました。

後で聞いた話によると路線バスまで影響してしまったらしいです、昔みたいにもう少し早く開門してくれればいいのにね。



予想通りに10:30に入場開始され、ここ手荷物検査前まで入ることが出来ました。

駐車場である滑走路や管制塔の関係で自衛隊のヘリコプターが展示されていましたが

正直目新しい物ではないのでスルー、11:00までここで待つ事にします。

ちなみに「一列に並んでください」と言われたのですが、後ろの方はとても一列とは言えない状況でした。

まあこれが届いたとは思えないので仕方がないんですけどね。



ちなみに本日のスケジュールは以下の通りと公表されておりました。

野外エンターテイメント(11:00〜17:35)
OPEN〜11:00 DJ RISE
11:05〜11:20 陸上自衛隊滝ヶ原駐屯地 雲海太鼓
11:25〜12:00 あいゃ〜ん萌え電
12:00〜12:50 REI MAKA LOA Rei(マカ・ロア)
12:55〜13:05 陸上自衛隊滝ヶ原駐屯地 雲海太鼓
13:05〜13:10 米海軍第七艦隊音楽隊
13:10〜13:15 キャンプ富士コスティック司令官挨拶
13:15〜14:15 米海軍第七艦隊音楽隊
14:15〜14:30 陸上自衛隊滝ヶ原駐屯地 雲海太鼓
14:30〜14:55 ALA 40(アラフォー)
14:55〜15:30 陸上自衛隊富士学校音楽隊
15:35〜15:50 米軍海兵隊格闘技
15:55〜16:25 THE PAINT IT BLUS(ペイント イット ブルー)
16:30〜17:00 MIND TRAFFIC(マインド トラフィック)
17:05〜17:35 KONA WIND(コナ ウィンド)
アフターパーティー(17:00〜深夜)
1階 ロードハウス
17:00〜18:00 DJ MASA
18:00〜18:45 Rag Dolls(ラグドールズ)……ロック
18:45〜19:00 DJ MASA
19:00〜19:45 HONKY TONK SHELTERS(ホンキートンクシェルターズ)……ブルース
19:45〜20:00 DJ MASA
20:00〜20:45 Rubber Funk(ラバーファンク)……ソウル&ファンク
20:45〜21:00 DJ MASA
21:00〜21:45 RENEGADES(レネゲイズ)……ロック
21:45〜23:59 DJ MASA
2階 ステーション4
19:00〜20:00 Herb&Salt(ハーブ&ソルト)……ワールド
21:00〜22:00 Jag Box(ジャグボックス)……ソフトロック

音楽関係が中心みたいですね、米軍海兵隊格闘技は興味ありますが時間が遅めですし、2010年時見たときはすぐに終わってしまったからね。

というわけで今回はこのスケジュールは一切気にしないで気の向くまま見学することにしました。



さて11:00に手荷物検査を受けて一番乗りで会場内に入場することが出来ました。

売店やイベント会場は無視、速やかに装備品展示会場へと向かいます。



富士山をバックに二門のM777 155mm榴弾砲がお出迎えしてくれました。

ちなみにこの段階では数年前に見たM198 155mm榴弾砲と勘違いしていたんですよね。

これはこれで日本では珍しい装備品ですが、この先にちらっと見えたシルエットには適いません。

脇目もふらずに先を急ぎます。




AAVP7
 私がキャンプ富士に初めて来た時は完全にこの二輛目当てだったんですよね。

2007年、2008年、2010年度過去に参加した時は展示されていなくてがっかりしたんですけども。

ただ雨天のため諦めた2013年時には展示されたという情報を知って今年は是非にと来たんですよね。

またその頃は自衛隊にAAVP7が配備されるなんてどう考えてもあり得なかったのに、今は試験導入済みで追加も予定

されているもんな、国内外政治の影響というのは誠に大きい物ですな。
LAV-25A2
LAV-25もAAVP7と同時に存在を知ったんですよね、約20年前ですが。

今となっては改良型のLAV-25A2になってますけど、これはさすがに陸上自衛隊で保有することはないのかな?

AAVP7とは役割が違うんだから、個人的にはこれも十数輛〜数十輛導入すればいいのにと思ってます。


後編へ続く


イベント情報へ戻る