板妻駐屯地創立52周年記念行事・前編




2014/4/20(日)、五年ぶり三度目となる板妻駐屯地創立52周年記念行事に行ってきました。

割と何度も行っている気がしていましたがいつまにやらずいぶんと年月が開いてしまいましたね。

朝早い時間に徒歩で最寄り駅に向かったのですが、明るくなってきた所富士山方面の雲行きが相当悪くてね。

天候が悪くて正直途中で引き返そうかかなり悩みましたよ、最終的には行くことにしたんですけどね。


何時ものように御殿場駅からバスに乗って板妻バス停で下車すればもうそこが板妻駐屯地です。

07:30頃に到着したのですがすでに10名ほどが並んでおりました。

そして入場開始の08:30まで待つ事にしたのですが、待っている間に雨が降って来ちゃいました。

「うわー止んでくれ」と思っていたら幸い途中で雨は上がりまして、その後は少なくとも午前中は天気が保ってくれました。



さて予定通りに開門したので手荷物検査を受けて速やかに席を確保します。

久しぶりの板妻駐屯地、昔もお世辞には広いとは言えませんでしたが今年はまた狭いですね。

昔に比べて自衛隊イベントに人が来るようになっているのですから工夫して欲しいものですね。




ちなみに本日のスケジュールは以下の通りとなっておりました。

10:00〜11:00 式典及び観閲行進

11:00〜11:55 音楽演奏、ドリル展示、らっぱ演奏、模擬戦展示


08:30〜14:40 装備品展示、文化展示、チビッコ広場

12:20〜14:40 体験試乗

というわけで式典開始までまだ時間がだいぶありますので見学して回る事にします。

開始時から展示されていた装備品は以下の通りでした。

中距離多目的誘導弾 軽装甲機動車
73式小型トラック
偵察バイク

ここ板妻駐屯地の装備品展示は式典後がメインなのでまあこの段階ではこんなものですね。

それにしても最近「中距離多目的誘導弾」をよく見るようになりましたね、配備が進んでいるんですな。

その後は資料館の見学をしたり、PXを眺めてみたり、模擬売店で軽く食事を取ったりして

時間をつぶしていましたが、正直そんなに見学する場所は少ないので早々に終了。

仕方が無く確保した席に戻って式典開始まで待つ事に。

周囲の人と情報交換などもしたりしたのでした。









10:00になったら式典が始まりました。

何時もと同じなので割愛、ではなく今回はちょっと普段と違っておりました。

巡閲と言えば73式小型トラックも基地司令や場合によっては自治体TOPが参加するのが普通です。

ところが今回はこれに高機動車が参加です。

どうなるのかと思いきや国会議員を四人乗っけ、前二台の73式小型トラックに続いて巡閲参加してましたがこれは始めて見ましたね。



後は新三曹だと思いますが、銃を倒すはふらふら今にも倒れそうな人がいてずっと「大丈夫かな大丈夫かな?」と注視してましたよ。

幸い無事観閲行進まで倒れることなく済みまして「無事持ちこたえて良かった〜」とほっとしましたけどね。



そして観閲行進、普通科所在の駐屯地なんだから徒歩行進がメインで行われます。

中隊単位で装備している物を変えていたんだそうです。



そして観閲行進とは別にパレードなるものが行われました。もっとも

体験試乗の高機動車×3、パトカー、消防車×2で全てというのはパレードにしては寂しすぎですよね。

本来はもっと参加予定があったけど天気が悪かったからこれだけになった、とかなのかな?

第1音楽隊による音楽演奏
高等工科学校生徒によるドリル展示
ラッパ演奏



後編へ続く


イベント情報へ戻る