宇都宮駐屯地創立64周年記念行事・後編




観閲行進が終わったら、非常に微妙な空模様でしたが空挺降下が行われました。

習志野の降下初め、富士総合火力演習でも無ければもう空挺降下はどーでも良いです、見飽きました。

一度HALO(高高度降下低高度開傘)の実演を見てみたいですね。










そして訓練展示(模擬戦闘訓練)が開始されました。

(1)牽引されて155mmりゅう弾砲FH-70が入場してきました。
(2)OH-6Dによる空中偵察。
(3)続いて偵察バイクによる敵情偵察。
(4)UH-1Jからリペリング降下。
(5)ギリースーツを身にまとった狙撃手。
(6)FH-70による空砲発射、ですがマスコミが致命的に邪魔。
(7)92式地雷原処理車による地雷処理、ロケット弾も一応再現されてました。
(8)機関銃射撃しながら前進する96式装輪装甲車と、敵兵。
(9)軽装甲機動車も増援にやってきました。
(10)UH-60JAによるドアガン射撃。
(11)もういっちょFH-70による空砲発射
(12)75式ドーザーによる地雷原掘削
(13)96式装輪装甲車から下車、敵陣へと向かいます。
(14)「負傷者発生!」仲間が引きずって後送します。
(15)弾倉交換中。
(16)負傷者を96式装輪装甲車に運び込むところ。
(17)敵陣地に突撃準備射撃。
(18)敵陣地へ突撃敢行。

以上で訓練展示は終了になったのでした。

特科隊駐在の駐屯地についてはFH-70が大人しかったですね。

北富士駐屯地みたいに敵味方で砲撃戦とかの展開を想像していたんだが……周りが住宅地だから出来ないのかな?

訓練展示後の後片付けを眺めた後、天気が怪しかったので即座に撤収したのでした。

これで残る第12旅団内の未見学駐屯地は新発田駐屯地だけになりましたね。

一応、今年中に第1師団+第12旅団=東部方面隊内駐屯地見学は完了予定です。


イベント情報へ戻る