勝田駐屯地・施設学校開設62周年記念行事・後編




さていよいよ訓練展示へと移ります。

まず最初に訓練展示に参加する装備品の紹介が行われましたが、そこは割愛です。

(1)勝田川に架かる橋が破壊されたところから状況開始です。
(2)偵察バイクで川を越えて偵察します……それなら橋の有無なんでどうでも良いような。
(3)ヘリコプターと87式偵察警戒車による偵察。
(4)敵部隊との交戦が始まりました。
(5)軽装甲機動車と96式装輪装甲車が増援で駆けつけてきました。
(6)FH-70による砲撃が開始されたわけですが……これはひどい。
まあ開始前から予想できたんですけどね、せめてしゃがんで欲しかったものです。

ちなみにまともな空砲はこれだけで、後は代用品なのか気の抜けた音と煙が出る代物でしたね。
(7)敵陣地へ躙り寄る普通科隊員。
(8)戦車および装輪装甲車による攻撃。
(9)92式地雷原処理車によるロケット弾発車。
この写真だけ見ると新型に見えますね、ただ単に96式装輪装甲車の陰に隠れているだけなんですが。

ちなみに今回は爆破だけでなくロケット弾も再現していましたね、距離が全然足りませんでしたけど。
(10)リモコンドーザーで残った地雷を処理します。
(11)91式戦車橋で進撃路を架けて居る所ですが、ドーザーが進めるなら不要と思わなくもないですね。
(12)AH-1Sによる地上攻撃。
(13)貧相な空包の支援攻撃を受けていざ突撃開始です。
(14)最後に敵陣地を制圧して訓練展示は終了したのでした。




訓練展示終了後は装備品試乗会場へと向かいます。

74式戦車・94式水際地雷敷設装置と高機動車・1/2tトラックと二カ所に分かれて行われていました。

整理券を受付に渡して待つ事、二回分ぐらいで乗り込むことが出来ました。

初めて乗った94式水際地雷敷設装置はこんな感じでした、狭くてかまわないので水際地雷を乗せた状態を見てみたかったですな。

そして出来れば水上航行も体験してみたかったです、ここでは場所がないみたいですがね。



用事があったので装備品展示始まる前に撤収したのでした。



PS
一度作成したのにHDDトラブルでデータが吹っ飛んで再作成する羽目になったので大変でした。


イベント情報へ戻る