武器学校・土浦駐屯地61周年開設記念行事・前編



2013/10/6(日)、武器学校・土浦駐屯地61周年開設記念行事に行ってきました。

2007年、2009年と4年ぶり3度目の来訪と言うことになりますね。



始発電車で上野駅へ、そこから常磐線に乗り込み土浦駅で下車。

後はバスに乗って無事土浦駐屯地へと到着です。

前に来たときは入場待ちの車列が渋滞を巻き起こしていましたが今回はそれは無し、代わりに人が沢山並んでいました。

私も速やかに行列の後ろに並んだわけですが、ずいぶん人が増えた物です。

ちなみに天気予報に反して並んで待っているときは雨が降っていたんですよね、傘を差すほどではありませんでしたけども。


08:40頃に駐車場が一杯になったからか入場開始です。

手荷物検査を受けたら速やかに席の確保に向かいますが、前に人が多かったので完全に出遅れてしまいました。

それでも当初予定していた観閲台より左側の最前列を確保出来たのでまあ良しとしなくてはね。

割と有名な「雄飛の松(二代目)」です。

そしてその裏側にあるのは新しく出来た武器学校本部庁舎になります。

旧本部庁舎、更地状態、新庁舎とそれぞれの状態を一応見ることが出来た訳ですな。








席を確保したら厚生センターを見に行きましたが食堂は行う気配は無し、売店らしい物は見あたらず。

なんかつまらないですね、ということで割と空いたトイレとして利用させて頂きました。

その後は装備品展示を見学です。

88式地対艦誘導弾 96式多目的誘導弾システム
中距離多目的誘導弾 155mmりゅう弾砲(FH70) 203mm自走りゅう弾砲

用途廃止装備品は基本的には割愛しますが

これらの様子を見るとあまり手入れがされていませんよね、もう少し大事に保管してあげて欲しいものです。

それは「ガールズ&パンツァー」でお馴染みの三式中戦車も同様。

六年前の写真と見比べると保存状態が悪化しているのがよくわかりますね。

89式戦車はこの日見なかったのですが、どうも私が行かなかった場所で展示していたようです。

まあ二回見ているから良いか、ですね。

ちなみに89式中戦車は履帯の予備がない関係でもうあまり動かすことが出来ないらしいですよ。









予定通りに記念式典は始まりました。

記念式典は毎度のことなので割愛、両お隣さんとおしゃべりしながら待ってましたよ。

かなりの経験者+ツアーの初心者さんだったので話がしやすかったからなんですけどね。



そして観閲行進です。

土浦駐屯地の観閲行進ってこんなに参加車輌少なかったでしたっけ?かなり寂しく感じましたわ。



国旗退場後、訓練展示が始まるまでにトイレに行って戻ってくると太鼓の演奏が行われておりました。


後編へ続く


イベント情報へ戻る