松本駐屯地創設63周年記念行事・前編




2013/4/20(土)、松本駐屯地創設63周年記念行事に行ってきました。

2013年の遠征第一弾ということになります。

当初は岩国基地フレンドシップデー2013に行くつもりだったのですが諸事情によりGW中の予定が難しくなり断念、切り替えたのです。

まあ結果論から言わせて頂くと、米国予算の強制歳出削減により岩国基地フレンドシップデー2013が中止になったので結果オーライですな。



前日から松本市内のホテルに泊まっていたので朝は余裕でしたね。

当初は路線バスに乗って行くつもりだったのですが、松本駅アルプス口から無料のシャトルバスが出ていたのでそれに乗る事に。

地図を調べて来て居ますが、正直初めての場所なので確実な手段を取った方が間違いないですからね。

シャトルバスにて松本駐屯地に到着したのが08:30頃。

開門まで約30分ほど並んで待つことにします。

さてここ松本駐屯地に初めて来て思ったことはマナーの劣悪さでした。

割り込みなら可愛い方で、行列を完全に無視している人が多数居ましたもの。

また左翼勢力の強い長野県らしく、警察が警備していましたわ

他だと立川駐屯地ぐらいですかね、警備が厳重な基地祭というのはね。




入場前に入り口でもらったパンフレットを配布していたのでチェック、スケジュールは以下の通りとなっていました。

10:00〜11:30 記念式典(パレード)・訓練展示

09:00〜15:30 充実そろえの模擬売店

11:00〜15:30 ちびっ子コーナー

09:00〜15:30 史料館・パネル展示コーナー

12:00〜15:00 高機動車試乗コーナー

12:00〜    野外音楽・太鼓演奏

13:10〜    レンジャー訓練展示

09:00に予定通りに入場開始となりましたので式典会場へと向かいます。

道中が砂利道だったので歩くのが大変でした、怪我したりしたら大変ですからね。

会場に到着してみると雛壇(スタンド)が設営されているではありませんか。

普段ならば雛壇の最上部に席を確保するのですが今回は荷物が多かったこともあり、雛壇は無視して仕切りのロープ際に席を確保しました。

ここだったら多少荷物が多くても周囲には迷惑かかりませんからね。

そして席を確保後に滅多に来られない松本駐屯地内を見学して回る事にします。

当たり前の話ですが、駐屯地内の建物や何やらに劇的に変化があるわけではありませんね。

一応駐車場の側に用途廃止機が展示されていましたけどね。

UH-1H KV-107II-4
61式戦車 74式戦車
CH-47J



一回りしたので席に戻ろうとしたら、式典会場へ入場中で道が封鎖されており渡ることが出来ないため待つことに。

10分ぐらいで済みましたので後は確保して置いた席に座って待ちます。



10:00頃にほぼ予定通りに式典が開始されましたが、この手のはどこに行っても同じなんですね、やっぱり。

とはいうものの私も第1師団・第12旅団以外は第9師団の記念式典ぐらいしか経験した事がないので本当にそうなのかは解らないですけどね。

そして式典の真っ最中におそらくは観閲および訓練展示に参加するヘリコプターがエンジン始動、飛び立ちました。

普段はあまりそう感じないのですが、長野県である上に午後から天気が崩れる予報が出ていたためでしょうね。

ダウンウォッシュの風が冷たくて震え上がっちゃいましたよ。



そして観閲行進です。

音楽隊の後に長野県旗の入場があったのですが、その際に有名な「信濃の国」が流されました。

存在は知っていましたが聞いたのは今回が初めてですね。
全部隊ではありませんが徒歩行進があったのは良かったですね、全部車輌行進では飽きちゃいます。




中編へ続く


イベント情報へ戻る