滝ヶ原駐屯地創立39周年記念行事・中編




10:00になりましたので記念式典が始まりました。

記念式典そのものは例年とほぼ変わらず、よって特筆すべきことはありません。

というわけで観閲行進へと移ります。

35回、36回と都市迷彩仕様の車輌が参加したんですがもう出てこないようですね、ちょっと期待していたんだが。


そしてOH-1による展示飛行の開始です。
関東には木更津駐屯地、霞ヶ浦駐屯地、立川駐屯地、そしてここ滝ヶ原駐屯地に配備されているので正直まったく珍しいとは

思った事がなかったのですが、地方だとかなりのレアな機体になるようですね。

そして今まで知らなかったんですがこいつの派生機として計画されたUH-Xって白紙撤回されちゃったんですね。

こいつの技術がどこかにうまく継承出来れば良いのですが。


滝ヶ原雲海太鼓+松本アルプス太鼓の太鼓演技
実はこの翌週に松本駐屯地へ行ったのですが、そこでも同じ組み合わせの太鼓演奏を聞く事になるとは思いませんでしたわ。


後編へ続く


イベント情報へ戻る