平成25年度降下訓練始め・前編




2013/1/13(日)、2008年・2009年・2012年と四度目となる第一空挺団の降下訓練始め(降下初め)見学に行ってきました。

始発電車で家を出て、07:30頃に現地に到着、08:30頃に手荷物検査を受けて会場となる習志野訓練場へイン。

寄り道もせずに会場へ向かって良さそうな位置に席を確保することが出来たのでした。

後は開始時間まで二時間以上有るのでトイレに行きつつ見学開始です。

NBC偵察車 軽装甲機動車 120mm重迫撃砲RT

NBC偵察車は大宮駐屯地以外ではしばらく見ないだろうと思っていましたが、その割には見ますね。

そして今回展示されていたもので初お目見えになったのが航空気象装置JMMQ-M7」です。

・気象情報処理装置
この車輌全てが「気象情報処理装置」です。
・気象衛星受画装置
そして「気象情報処理装置」の屋根部分に搭載されているこれが「気象衛星受画装置」になります。
・展開地気象観測装置
・雨量計 ・湿度計&視程計 ・風向風速計
「雨量計」「湿度計」「視程計」「風向風速計」これらをひっくるめて「展開地気象観測装置」になります。
・移動気象レーダー装置
・移動気象観測装置


具体的にこういう構成ではないかと思われます。

本当にそうなのかは私も自信がないんですけどね。

下記の看板と現地で自衛官の話を聞いたのを自分なりにまとめてみた物と言うことで。














見学を終えたら確保して置いた席に戻って開始まで待つことにします。

去年同様、オーロラビジョンも参加しており、広報やスケジュールを流していましたので本を読みつつ時々ちらちら眺めたりしてましたね。

状況を確認するための試しの降下、今日は去年と違って風はさほど強くない模様。

晴天ですし、風も弱くて降下訓練始め向きな日和ですね。
「指揮官降下」も無事終了、風が弱いので去年のように引きずられるようなことも無くて良かったですね。
そして防衛大臣も入場して準備が整ったのでした。




後編へ続く


イベント情報へ戻る