平成24年度自衛隊音楽まつり・前編




2012/11/16(金)、平成24年度自衛隊音楽まつりに行ってきました。

応募に当選したのは三度目の正直だったかな、まあとにかく何度も落選してようやく今回当選したわけです。

始発電車ではないけれども早い電車に乗って新橋駅で地下鉄に乗り換えて、日本橋→九段下へ。

あとは日本武道館へ歩いて向かい到着したのは07:00頃でしたが既に数十名が並んでいました。

一番最初の方の人は近辺のホテルに泊まり込んでいるらしいので、まあ上等な部類かな。




今回の音楽祭りは過去とは異なり座る場所ごとに並び口が別れているわけではなく、受付で指定券と引き替え方式。

最初は行列1を構成していたのにある程度人数が貯まったところで行列2、行列3を構成(他にあったかもしれないけど見えたのはこの三つ)。

このことで「早く来て待っているのにずるい」と私より後に来た爺さんが文句言ってましたけど正直音楽まつりに来ている人はマナーが悪すぎて

そんな文句言える資格無いだろと思ってました、知り合いをどんどん割り込ませるとか当たり前なんですもの。

個人的には後から来るから〜というのは無し、するなら代わりに他の人が抜けるとかにすべきだよね。

まあ私の行列に対する考えなんですけどね、並べない奴は参加する資格がないと言うことで。
08:15頃、予定より早く手荷物検査を受けて受付へ並びます。

無事に会場正面S席2Fを確保することが出来ましたよ、まあ端っこでしたけどね。

私が確保した席はこの図で言うと7と8の境目でしたね。

ちなみに好きな席は選択することは出来ず、まず正面のS席の前から順に中心から配布だそうです。

とはいえ何か事情があれば整理券配布時に考慮してくれるかも。

というのは同じ集団は一列になれるように配慮してくれていたからです。



席を確保してからトイレついでに受付の様子を武道館から撮影したところ。

平日午前中と今年初めての音楽まつりのせいか、自衛隊の人も慣れていない様子でしたわ、リハーサルみたいなものなんですかね。

そのため当初予定では10:00開演でしたが、入場に手間取ったらしく結局開演は10:30へ、そして最終的には10:40になりました。

その間に何度か流されていた注意書きがこちらです。

どれもこういう場所では当たり前だと思うのですが、携帯電話とフラッシュは守っていない馬鹿が居ました。

飲食禁止は普通に売店で販売されていたけどどうなっているんだろう?武道館内ではなく外で食べろと言うことだったのだろうか?



時間になったので平成24年度自衛隊音楽まつりが始まりました。

オープニング
オープニングセレモニー
日本国国旗入場・国歌斉唱
久しぶりに自分でも「君が代」歌ってきました、恋歌とはいえ厳粛な気分になるのは何でなんでしょうね?
オープニング演奏
「炎のランナー」「凱旋」が演奏されたのでした。

ちなみにその間にロンドンオリンピックメダリストの挨拶がありました。










左から敬称略で清水  聡/米満 達弘/湯元 進一/小原 日登美ですね。結果はこちらで確認して下さい。

パフォーマンスとかが自衛官ぽくなかったですね、そういえば全員陸上自衛隊なんですな。
第一章.始点
陸上自衛隊東部方面音楽隊ドリル演奏
「東京オリンピックファンファーレ&マーチ」「銀座カンカン娘」「MAP」を演奏しました。
陸上自衛隊中部方面音楽隊ドリル演奏
「ボイジャー」を演奏しました、そういえばそろそろ太陽系離脱するそうですね。35年も掛かってやっとなのかって感じですね。
米太平洋陸軍軍楽隊ドリル演奏
「ローリング・イン・ザ・ディープ」「マラゲーニャ」を演奏しました、英語の歌詞はわかりません(笑)。
米海兵隊第3海兵機動展開部隊音楽隊ドリル演奏
「火の鳥組曲」「星条旗よ永遠なれ」を演奏しました、
方面音楽隊・米軍音楽隊合同演奏
「風が吹いている」「ロサンゼルスオリンピックファンファーレ&テーマ」を演奏しました。

「風が吹いている」を熱唱された方は一ヶ月後ぐらいに新聞に紹介されていましたね。




後編へ続く


イベント情報へ戻る