舞鶴地方隊サマーフェスタ2012一日目
北吸桟橋編・後編




私が確保した曳船による舞鶴湾港内見学は1回目の9:00の便です。

間に合うようにYT-92の前に行ってみると……救命胴衣が足りずに待っている一団が。

救命胴衣が足りないため曳船に乗ることが出来ない集団でした。

どうも海上自衛隊が予想したよりも多くの大人が参加したためのようですね、子供用の救命胴衣は沢山余ってましたよ。

で待っている間にみねゆきが体験航海に出発していきました。

まあその間にこっちも救命胴衣を受け取って曳船に乗り込むことが出来ましたけどね。
見送りを受けて舞鶴湾内のクルージングにいざ出発です。
あたごとすずなみの二隻の側を通って行きます。
その際、水中処分隊のボートが三隻、曳船に手を振りながら追い越していきました、
処分されるのを待つ元DD-126 はまゆきです。

主砲塔もアスロックランチャーも撤去済みというのは珍しいような、大抵は砲身のみ撤去ですよね。
先に体験航海に出たみねゆきの後ろ姿、曳船とは全然違うコースだったようです。

さてここからは面倒なので写真を一部抜粋してご紹介。

約45分間の航海はかくして終了したのでした。



その後は9:00開始の艦艇一般公開の見学です。

PG-824 はやぶさ
DDG-177 あたご
一隻しか一般公開していないんだからあたごは艦橋内・艦内も一般公開して欲しかったよ。

イベント情報へ戻る