東京港晴海埠頭 日米合同親善寄港




2012/6/17(日)、東京港晴海埠頭に行ってきました。

DDH-182いせLCC-19ブルー・リッジの二隻の一般公開が行われるというのです(日米合同親善寄港について)。

いせは母港が呉なので関東地方では中々見学出来る機会はありませんし、ブルー・リッジも一度見学したことがありますが

最近の須賀基地は異常に混雑しているために行くのを避けていることもあり「よし見に行くか」と言うわけです。



朝は天気が悪かったので13:00見学開始の所12:00に現地に到着してみるとすでにかなりの人が並んでいます。

思ったよりも人出が多いな……入場開始まで本を読みながら待っていたのですが大変でしたわ。

13:00に見学開始になったわけですが行列が遅々として進みません、手荷物検査が厳重だとしてもそれにしても遅すぎ。

先頭集団をよく見てみるとブルーリッジ→いせの強制ルートになっており、しかもブルーリッジが一定時間ごとに一定人数ずつしか

乗艦させないツアー形式を取っていたために全然人がはけないのですよ。

途中から曇りがちになり、暑さが和らいだので何とかなりましたが水分もトイレも無しでひたすら待たされたのは大変でしたわ。

結局乗艦できたのは14:15頃と行列に並んでからおよそ二時間後のことでした。



ブルー・リッジ編

今確認したら前回は2007年、5年ぶりのブルー・リッジだったようです。

そのため結構忘れていて二度目でしたが新鮮な気分で見学出来ましたよ。



いせ編

細かい違いはあるんでしょうがさすが同型艦、ひゅうがとの違いはさっぱりわかりませんでしたわ。

それにしても格納庫&飛行甲板のみの見学はもう飽きてきましたね。

艦橋内とか艦内とかの見学をしてみたい物です、まあ須賀など首都圏内じゃあ無理だろうな。



この後は客船ターミナルから見学してみました。

ガラスとか枠が邪魔して思ったようには見えませんでした、残念。



今回は手荷物検査が厳しく鞄持ち込み不可という事前情報があったのでK-100D+18-250mmの組み合わせで言ったけど

実際には何問題なかったですからね、これなら広角レンズも持って行けば良かったなと後で思いましたよ。

ちなみにK-5を使わなかったのは修理中だったので使用できなかったからです。


イベント情報へ戻る